« 東北大学工学部人間環境系研究棟の破壊 ロッキング運動 | トップページ | 誕生日の妄想 »

Windows 7 (×86 および ×64)

 現在ソフトウエアの取扱いの説明の原稿を検討しています。私が下原稿を書いて、ソフトハウスの方に見てもらいました。

 なるほどと思うアドバイスをいくつかいただいて、それについては修正するつもりです。

ただね、迷うものがあるんですよ。その一つが動作可能なOSについて。「OSのアーキテクチャについても記載すべき」というのが、ご意見です。

 その例が「Windows 7 (×86 および ×64)」

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 ん?アーキテクチャ?「×86」って、いったいなんじゃそれ?

 これを朝食時に話題にしたら、息子曰く「おとうさん、あのね、×86は32bit版のことなんだよ。×64は64bit版」。そんなことも知らないの?という口調です( ゚д゚)ポカーン。

 ×32ではなく×86・・・・何の理由があるか知らないけれど、どうしてこうも分かり難い表示があるのだろう(゚Д゚)ハァ?。

 迷います。コンピュータの「アーキテクチャ」には詳しくないユーザー向けの取説に、どう書けばよいのだろうか。

 こういう取説は、ユーザーがスムーズにこのソフトウエアを使ってもらえるように案内するのが、もちろん第一。

と同時に「説明不足だろう」というクレームに対して、「いやここに正確に書いていますよ」という弁解を用意しておく面があることも理解します。

 どうすればよいのだろう。ただ、私が時代についていけていないだけ?

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ありがとうございます。おかげさまで現在1位です

|

« 東北大学工学部人間環境系研究棟の破壊 ロッキング運動 | トップページ | 誕生日の妄想 »

プログラミング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/57190662

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 (×86 および ×64):

« 東北大学工学部人間環境系研究棟の破壊 ロッキング運動 | トップページ | 誕生日の妄想 »