« ついにWikipediaからも消えた『自然の中の黄金比』説 | トップページ | テクノセンターでPT(Penetrant Testing) »

傷口にアロエ

 昨日ちょっとした工作と言いますか、あるものを切断していたのですが、ドジって指を切ってしまいました。

 大したことはないんですがね、ポタ・・ポタ・・ポタと血がしたたり落ちる程度。

Img_1955

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

ティシュで約1分間押さえつけて、そのあとはアロエをちぎって塗りました。

Img_1957

 見る間に傷口が塞がって、3時間後にはお風呂に入っても問題ない状態になりました。

 子供のころから家にはアロエがあって、切り傷と火傷には市販の薬は使わずアロエだったような気がします。アロエを使うと傷跡がきれいというか、小さくなるようでした。

 不思議な植物です。このアロエは書斎にしている部屋の窓辺に置いているものですが、このほかに2鉢アロエが我が家にはあります。

 傷口を自動的に修復する人体の機能、それを促進する植物、構造物にこのような自己修復機能を持たせることができれば、事故も減るかもしれません。非破壊検査技術者不要論が出てきそうですが…(笑)。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在1位です

|

« ついにWikipediaからも消えた『自然の中の黄金比』説 | トップページ | テクノセンターでPT(Penetrant Testing) »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/57674124

この記事へのトラックバック一覧です: 傷口にアロエ:

« ついにWikipediaからも消えた『自然の中の黄金比』説 | トップページ | テクノセンターでPT(Penetrant Testing) »