« 筋の良い話 | トップページ | 100円ショップのお気に入り文房具 »

超音波による「金属柱劣化判定システム」

 昨日(6日)の日刊工業新聞に掲載された小さな記事です(WEB版)。

Embedded_portion

 『金属支柱の埋設部分 超音波で腐食検査』というタイトルで新しいシステムが紹介されています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 老朽化したインフラによる事故が懸念されていますが、鋼構造物では腐食が大きな問題です。目で見えるところまでボロボロで、破断しているのは「ちゃんと目視で見てよ」という話です。問題は目に見えないところでじわじわと進行していく腐食。

 多くの鋼構造物が、地面にかコンクリートの土台にかに埋め込まれていますが、表面からチョット下(地際)が腐食されやすいのです。このことは、腐食のメカニズムからわかっていることです。

 これまでは、怪しいところをスコップで掘ってみるといった方法で点検されていました。まぁ数が少ないのならこれでもいいのでしょうがね。

 「腐食のチェックは超音波が得意」とは、いろいろな本に書いてあります。私の本にも書いてあります(笑)。でもこれまでの技術では、板の反対面を超音波で検出するということはやられていますけれど、地際の腐食を簡便に超音波で検出して判定するシステムはありそうでなかったのです。

 これができたということです。ニチゾウテックが開発しました。小さな記事ですが、インパクトのあるイノベーションだと私は思います。

Uienb

 ニチゾウテックの技術解説ページです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
おかげさまで現在1位です

|

« 筋の良い話 | トップページ | 100円ショップのお気に入り文房具 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

超音波」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/57541566

この記事へのトラックバック一覧です: 超音波による「金属柱劣化判定システム」:

« 筋の良い話 | トップページ | 100円ショップのお気に入り文房具 »