« こんな問題はどうなんだろう | トップページ | 風の中の昴 »

見上げる空に

 夏の暑い日汗まみれで働いてふと見上げた空、何もかもがうまくいかなくて自己嫌悪に陥ったときに見上げた空、大晦日の深夜帰省の途中の峠で見た満天の星空。

 空を見上げる光景と心情が点描のように記憶に残っています。

Img_1775a

 ふと見上げる、ふと思う。実利・必要性・現実性・・・そういったこととは切り離されて、願望や希望というようなものが浮かんでくることがあります。

 若いころは、それらはすべて「非現実的」というくくりで、妄想の中だけのことでした。

 しかし、50歳を過ぎたころからですかね。そのうちのいくつかが現実になるということが起きてくるようになりました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 今日、ある人に会います。どんな用件か誰に会うか、たぶん事後にもこのブログには書けません。書けるとしたら5年後か10年後か。

 ただ、過去のある日空を見上げながらふと思ったことが現実性を帯びた話になりそう、ということだけ書いておきます。

 その日が今日であったことを、10年後の私に知らせるために。

 30数年前の私に「それでいいのだ。そこがあなたの出発点だ」と伝えられるものなら伝えたい。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在1位です

|

« こんな問題はどうなんだろう | トップページ | 風の中の昴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/58170001

この記事へのトラックバック一覧です: 見上げる空に:

« こんな問題はどうなんだろう | トップページ | 風の中の昴 »