« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

今度の本は『超音波探傷 基礎のきそ』

 来月下旬に日刊工業新聞社から8冊目の単行本『絵とき 超音波探傷 基礎のきそ』を刊行します。

 出版社のページにお知らせが掲載になりました。いくつかのネット本屋で予約受付が始まりました(7net e-hon  honto honyaclub)。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "今度の本は『超音波探傷 基礎のきそ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の薔薇

 ふと外に出てみれば、木々は葉を落とし、凍てつく冬が来る準備をしています。11月5日前後に来るであろう初雪で、残っている葉も落ちるはずです。

 朝は零度に近い日もあります。

 なのに、蕾をつけこれから咲こうとしている花があります。 

Img_2633

 20数年前、縁日で購入した小さな薔薇の木です。

 けなげで美しいなぁ…。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "秋の薔薇"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『おもしろサイエンス 波の科学』増刷!!

日刊工業新聞社から封書が届いて、『おもしろサイエンス 波の科学』が増刷になるということです(◎´∀`)ノ。 

Img_2630

 昨年の11月27日初版刊行です。1年未満での増刷決定は、初めてです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『おもしろサイエンス 波の科学』増刷!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生初!フグ刺しフグ鍋フグ酒

 先週の話になるのですが、上京したおり古い友人と会って、蒲田でフグをいただきました。

Img_2608a

 これ、持ってきたときまだピクピク動いていたんです。生命力があるというか生々しいというか。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "人生初!フグ刺しフグ鍋フグ酒"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8冊目の単行本 著者校正

 来月刊行予定の単行本、原稿書きの最終追込みに入っています。すでに第1章から3章までの著者校正稿(初校)が届いていいて、同時並行で仕事をしています。

 自転車操業です:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+。

Img_2626

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "8冊目の単行本 著者校正"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関数電卓今昔物語

 30数年前に非破壊検査を勉強し始めたときに買いました、「関数電卓」。当時驚くほど安くなったと言われて買った値段が2万円。安月給の身にはこたえる出費でした。今は1000円台の前半でも買えるようです。

Img_2624

 超音波探傷を勉強する上では、とりあえずのところ三角関数と対数指数が計算できれば用は足ります。私の電卓(上の写真)は5年ほど前に買いましたが、2400円ぐらいの値段だったと記憶しています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "関数電卓今昔物語"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ASIMOの水筒

 水筒のふたを開けて中の飲料をコップに注ぐ、人間にとっては何でもないことをロボットにやらせようとすると、とんでもなく難問のようです。

 Hondaが2011年11月に発表した新型アシモがやってのけて、世界を驚かせました。

 これとほとんど同時に発表されたのがバルブを開けるロボット。3.11の福島での原発事故、緊急時もその後の収束過程でも、危険なところでどのようにバルブの開閉をするのかが優先度の高い技術的課題になっています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ASIMOの水筒"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日本初の純民間ロケット商用打ち上げ

 Glicoが11月11日11時11分に、ポッキー型ロケットを打ち上げる、というイベントをやっています。運が良ければ111万円が当たる。

 面白そうなので、ひとくち乗ることにしました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "日本初の純民間ロケット商用打ち上げ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

技術(者)はリンクする

 20日に上京。

Img_2606a

 22日・23日に首都圏で仕事をしてきました。

 初めての仕事で、少々緊張しましたが、概ねうまくいったのだろうと思います。

 仕事を終えた、23日(昨日)東京タワーに近い大きな病院に入院している従兄のお見舞いに行ってきました。

Img_2614a

 これは見舞って帰り、浜松町駅に歩いていく途中に撮影した東京タワー。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "技術(者)はリンクする"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生々しい現実と推理の力

 このところ、非破壊検査・超音波探傷に関して、現場でどうすればよいのか、どう判断すればよいのか困っていることの相談が寄せられています。もちろん状況の説明があるのですが、単純に報告されている事実について考えればよいという場合ばかりではありませんん。

 人の要素を入れて考えなければならないのです。どのような知識経験を持った人が、何を考え何をして、何に迷っているのか?

 場合によっては、多少の教育をして確認方法を伝授して、問題を解決していく必要があります。「推理」の力が試されます。近々の何件かは、幸いきれいに解決しました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "生々しい現実と推理の力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

義母逝く

 昨晩、義母があちらの世界に旅立ちました。

 脳内出血で倒れて、長く寝たきりになっていたのですが、最期は蠟燭のロウの最後の一滴が燃え尽きるように、静かに息を引き取りました。

 花が好き、おしゃべりが好き、世話焼きが好きな人でした。

 私が最初に家を訪問したとき、ブドウが好きと言ったら、次回お皿に山盛り、食べきれないほどのブドウが出てきました。食べきれないというのが良いというのは後から聞きましたが、ブドウが美味しかったこともあるけれど、出たものを残してはいけないと私は全部食べてしまいました。

 典型的な東北人だったのでしょう。合掌。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駒大苫小牧優勝と佐々木監督

 昨日第66回秋季全道高校野球大会の決勝戦で駒大苫小牧高校が勝って、春の選抜の切符を手に入れたと報じられています

 開幕から負けなしの24連勝、いまや誰もが認める日本を代表する投手となりオフシーズンには60億円でのトレードが噂されているマー君こと田中将大投手の出身校です。私の家から自転車で10分かからない距離にあります。

 報道では、決勝戦の相手がマー君の奥さんである里田まいの母校札幌大谷であったことが話題になっています。

 私は、あの甲子園奇跡の2.9連覇以来、甲子園に出場さえままならず期待されながらも長い低迷続いての今回の地区大会優勝に感じるものがありました。

 「やっぱり香田監督とマー君がいたからだよな・・・」そんな空気が漂っていました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "駒大苫小牧優勝と佐々木監督"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白熱電球

 玄関の電球が切れたので、代わりを買いに行きました。

 電気店の売り場には、もう白熱球は置いていないのですね。やむを得ずLEDを買ってきました。

交換した電球は、「燃えないゴミ」にその存在を変えてしまいます。

 で、まじまじと見たのですが、それなりに美しいですよね。 

Dscn2086b

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "白熱電球"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あかね雲と壺の空

ふと窓の外を見たら、空が不気味に染まっていた。

Img_2560a

 あんなに暑かった夏もいつの間にか終わり、雪虫の話題が出る季節になっていた。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "あかね雲と壺の空"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「超音波探傷入門 デジタル探傷器編」ソフトウエア納入

 全ての作業・手続きが終了して、先ほど「超音波探傷入門 デジタル探傷器編」ソフトウエアを日本非破壊検査協会(JSNDI)へ納入しました(ほっ!!)。

Utdi

 近々JSNDIから発売になる予定ですo(*^▽^*)o。

 JSNDIからの正式アナウンスをお待ちください。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひずみ測定資格証と参古織の資格証ケース

 「ひずみ測定レベル3」の資格証が届きました。今回は5年目の更新。

 ひずみ測定のメインは、電気抵抗ひずみゲージを使った測定です。レベル2までは、これオンリーです。レベル3になると、応力塗装法だとか光弾性法とかが出てきます。微小なひずみを人間が認識できるようにどうするか、あの手この手という感じで面白いのです。

 ただ電気抵抗ひずみゲージ法にしても、有資格者が実施しなければならないという法的な縛りはありませんので、資格としての社会的意味となるとはなはだ希薄なものがあります。欧米には、ひずみ測定の資格はないらしいのです。

 私は、非破壊検査技術者として、ひずみ測定をレベル3まで勉強して良かったと思っています。ものの破壊は、応力というよりひずみの側から見たほうが分かりやすいと思います。

 ま、とにもかくにも全6部門レベル3は私の数少ない誇りでもありますから、いつまで継続できるか分かりませんが、大切にしておきます。

Img_2554

 非破壊検査総合管理技術者の資格証を含めて7つの資格を入れるケースを購入しました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ひずみ測定資格証と参古織の資格証ケース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Target Reflectivity

  今日某企業からメールと電話で受けた技術相談、内容は公開できませんが、「形状反射能率」の考え方を適用して解決できることでした。形状反射能率、英語ではTarget Reflectivityです。

 今まで、超音波探傷をよく知っている人の間では、その有効性は確認されていたのだけれど、一般にはあまり普及していません。

 私が作ったソフトが、ツールとして使えるようになれば・・・ちょっと期待を膨らませる話でした。いずれにせよニッチな技術分野ではありますけどね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Target Reflectivity"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »