« 義母逝く | トップページ | 技術(者)はリンクする »

生々しい現実と推理の力

 このところ、非破壊検査・超音波探傷に関して、現場でどうすればよいのか、どう判断すればよいのか困っていることの相談が寄せられています。もちろん状況の説明があるのですが、単純に報告されている事実について考えればよいという場合ばかりではありませんん。

 人の要素を入れて考えなければならないのです。どのような知識経験を持った人が、何を考え何をして、何に迷っているのか?

 場合によっては、多少の教育をして確認方法を伝授して、問題を解決していく必要があります。「推理」の力が試されます。近々の何件かは、幸いきれいに解決しました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 明日上京して、新たなお客さんのところでの仕事をします。使用する資機材を手配して、本日95頁のプレゼン(PPT)を作りました。もっともすべて新たに作ったわけではなくて、すでにあるソースをカスタマイズしたところも多いのですが…。

 新たなフィールドで、新たな生々しい現実に触れることになるのだろうと、予想しています。

 執筆活動の傍ら、半月をかけて準備をしてきましたが、その過程で複数の教え子が熱心に支えてくれました。推理の力も、有効なツールと、有能な仲間に支えられて発揮されるところがあります。

 定年退職後の仕事としては、ハードではありますが、知的興奮もやりがいもあります。

 疲れた、眠いなどと言わずに頑張ろう。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
こちらのポイントはダウンして現在2位です

|

« 義母逝く | トップページ | 技術(者)はリンクする »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/58415634

この記事へのトラックバック一覧です: 生々しい現実と推理の力:

« 義母逝く | トップページ | 技術(者)はリンクする »