« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

『3Dプリンタではじめるデジタルモノづくり 』

 東京工業大学附属科学技術高等学校の門田先生の新刊『3Dプリンタではじめるデジタルモノづくり 』(日刊工業新聞社)が届きました。

Img_2718

 この本は、私の「超音波技術 基礎のきそ」と同じ出版社で編集担当者の方も同じなので、出版前から情報を聞いていました。

 3Dプリンタについても数年前から、主に門田さんからの情報で聞いていましたが、とくに今年になってから私の身の回りでも話題になってきています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『3Dプリンタではじめるデジタルモノづくり 』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋久島と屋久杉

 3泊4日の南九州の旅行から帰ってきました。今朝は外気温-8℃まで下がっていました。

 鹿児島⇒屋久島⇒種子島⇒指宿をめぐる旅でした。それぞれに面白かったのですが、なかでも屋久島は、来てよかったと気持ちの深いところで思いましたね。

  屋久島は、世界遺産にもなっていますし、行かれた方も多いと思いますので、ここでくどくど私が説明するまでもないでしょう。しかもあそこは、行ってみなければ分からないところだろうと思います。

 私の備忘録として、何枚かの写真を掲載しておきます。 

Dscn2248a

 まず、この高く険しい山。屋久島は海底火山が隆起してできた島で、九州最高峰の宮之浦岳(標高1936m)をはじめ1000mを超す山々が連なっています。いわば、高い火山の上の部分だけが洋上に突き出ている感じで「地球の出べそ」ともいわれるそうです。

 この地形によって植生は、亜熱帯から亜寒帯まで垂直分布をしている。南西の風に乗った湿った空気がこの山に当たって多量の雨をもたらす。また、麓に平地が少なく農業に適した平地が少ないという風土。

 山には土らしいものはほとんどなく、花崗岩の岩肌にへばりつくように繁茂する苔などの地衣類が残す養分で杉などの植物が成長するのだと言います。このため、杉の成長は遅く、年輪が密になり樹脂成分が多くなって、強く腐りにくい木になって、通常の杉は樹齢500年程度で朽ちるのだけれど、屋久島の杉は数千年生き続けるのだそうです。 

Dscn2235a

 これは樹齢3000年と言われる紀元杉です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "屋久島と屋久杉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島・桜島

 鹿児島に来ています。

Img_2756錦江湾と桜島。静かな湾でした。

仙巌園では薩英戦争150周年。菊祭りが開かれていました。

日差しは暑いくらい。

Img_2788

Img_278a

Img_2783a

Img_2785a

 三重塔もありましたね。

幕末の薩摩で近代化を尚古集成館で学んでいたら、桜島が噴火

Img_2765a

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "鹿児島・桜島"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「形状反射能率」ソフトウエア公開

 

『絵とき 超音波探傷 基礎のきそ』の紹介ページで、『形状反射能率(Target Reflectivity)』ソフトウエアをフリーソフト(著作権の放棄はしていません)として公開しました。

Target_reflectivity1

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "「形状反射能率」ソフトウエア公開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『絵とき 超音波探傷 基礎のきそ』出来上がり!!

 昨晩首都圏への出張を終えて帰宅すると、段ボールの郵便物が届いていました。差出人は日刊工業新聞社です。印刷を終えたできたてほやほやの新刊本『絵とき 超音波探傷 基礎のきそ』の著者分です。 

Img_2747

 すでに何度も経験していますが、何度経験しても自分の本の出来上がりを手にするときの喜びはなんとも言えないものがあります。日刊工業新聞社からは、これで8冊目の単行本です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『絵とき 超音波探傷 基礎のきそ』出来上がり!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「超音波探傷 基礎のきそ」の表紙

 「絵とき 超音波探傷 基礎のきそ」の表紙イメージが、出版社のページにもアマゾンのページにも表示されました。もう印刷物として出来上がったのだと思います。

Photo

 この表紙デザインは、事前に打診もあったのですが、私は気に入っています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "「超音波探傷 基礎のきそ」の表紙"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『超音波探傷入門』 購入・ダウンロード・インストール

 『超音波探傷入門(パソコンによる実技演習)DL版「デジタル超音波探傷器」編』がJSNDIから発売になって、20日になりました。

 案内ページを作りました。ここから「注文書」をすぐダウンロードできます、ソフトウエアのダウンロードページにクリックだけで飛べるリンクを貼ってあります。。

 この本とソフトウエアは、一般の書店等では購入できません。書籍コード(ISBN)をとっていないんですね。

  日本非破壊検査協会(JSNDI)に直接注文しなければなりません。JSNDIのサイトから書籍案内に行って、注文できるのですが、これがいかにも分かり難いのです。

 ようやくたどり着いて、注文の要領を読むと、「JSNDI書 籍 注 文 書」(PDF)をダウンロードして、必要事項を手書きして、JSNDIにFAXするシステムになっています。

 いまどきお米を売っている農家でも、WEBから直接入力で注文できるのに、なんとなくハイテクぽい匂いのするJSNDIが手書きでFAX・・・・受け取った方は手作業で受注処理しているのは明らかですよね。なんだかなぁ、と思いますが、ジンジャーありません( ^ω^ )。(ジンジャーは生姜です、という駄洒落の解説ほど野暮なものはありませんが…)

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『超音波探傷入門』 購入・ダウンロード・インストール"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画『風立ちぬ』 計算尺とエロース

 昨日、映画『風立ちぬ』を再び見てきました。美しい映画だからもう一度見たかった、ということもあるのですが、いくつか確認したいことが有ったのです。

 その一つが計算尺に関することです。この映画の中では、堀越二郎が計算尺を使って計算するシーンが何度も出てきます。計算の中身のようなものが出てくるのは、サバの骨の「かたち」がNACA(National Advisory Committee for Aeronautics)の翼型の中にあることを示す場面で、「美」と力学的合理性との関連を印象付けています。

 ひたすら計算をしていくのですが、計算ツールとしての計算尺も一度だけ詳細な目盛まで描写した場面が出てきます。私は、計算尺は美しいと思います。

Dscn2120a

 この計算尺は、鉱山技師であった義父から譲り受けたものです。

Dscn2122a

 HENMIの竹製計算尺です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "映画『風立ちぬ』 計算尺とエロース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心象風景

 昨晩ミッションその4が終わりました。あと2日、超音波探傷の実技指導をしします。今日は天気は下り坂のようですね。

Img_2694a

 この写真は昨日の朝。遠くにスカイツリーと青空が見えます。手前に運河とトラス橋。なんとなく今の私の心象風景です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "心象風景"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大黒様と海鮮石焼

 東京出張4日目の朝です。快晴です。

 今回、4つのミッションのうちメインは、大黒様の石像のあるところで超音波探傷の講習会。

Img_2687a

  1次試験に受かった方たちなので、顔見知りの方が多いです。デジタル版の「超音波探傷入門ソフト」の紹介も行いました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "大黒様と海鮮石焼"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮想超音波探傷器のデモ Rタイプ

 Virtual Ultrasonic Flaw Detector のデモンストレーションその2 『Rタイプ』です。

 先日Gタイプのデモ動画を公開しましたが、今回は『Rタイプ』で同じことをやっています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "仮想超音波探傷器のデモ Rタイプ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『風立ちぬ』を鑑てきました その1 美しい絵です

 7月封切りの映画『風立ちぬ』が、11月に入ってようやく私の街の映画館で上映されると知って、見に行ってきました。「超音波探傷 基礎のきそ」の最後の原稿を送った次の日です。

 この映画は、零戦の設計者として有名な堀越二郎を主人公にしているとか、宮崎駿の最後の長編アニメとか、ユーミンの『ひこうき雲』が主題歌とか、プロモーションによる情報が流れてきていて、見たいな、という気になっていました。

 結論としては、良かったですね。楽しめました。DVDが発売になったら買いたいと思っています。

 なんといっても、アニメの絵が全編にわたって細密で美しい。光と影、そして風が風景の中でダイナミックに緻密に描かれています。飛行機が飛ぶところももちろんたくさん出てきますが、鉄道と橋も出てきますね。

Wind3

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "映画『風立ちぬ』を鑑てきました その1 美しい絵です"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バーチャル超音波探傷器のデモ

 パソコン画面のキャプチャーソフトを使って、「超音波探傷入門 パソコンで実技演習 デジタル探傷器編」のデモ動画を作ってみました。

 

;にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

ポチッとクリックで応援

続きを読む "バーチャル超音波探傷器のデモ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

販売開始!!バーチャル・デジタル超音波探傷器

『超音波探傷試験入門「デジタル超音波探傷器」編』が日本非破壊検査協会(JSNDI)HP上に正式に紹介されて、販売が開始されたようです。購入申し込みは、こちらから。

 今から4年半前に、本ブログにこんな愚痴を書きました。言ってみるもんですね。その2年後(2011年9月)にJSNDIの中に、編集委員会が発足しました。私のソフトウエアが出来上がるのを待っていたのです。ソフトウエア半年もあればできるだろうと考えていましたが、思いのほか難航しました。

 実は、最大の難関は「ゲート」でした。デジタル探傷器では、ゲートはいくつかの役割をします。探傷器の中に組み込まれているコンピュータと探傷技術者の「コミュニケーション・ツール」である、と私は思っています。それだけに、正しく機能することはもちろん、正しくない操作をしたときにもリアルな反応をする、そこにこだわりました。

 そこでの決断は、「超音波探傷入門2000年版(アナログ)」の考え方、コードを全て投げ捨てて、ゼロから始めることでした。ゼロから、探傷器の仕組み、学習者にとって必要なこと・・・を考え抜いて組み立てて行きました。

 私のとっても、できた作品にとっても、この決断は良かったと思います。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "販売開始!!バーチャル・デジタル超音波探傷器"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕焼けを見に支笏湖へ

 昨日最後の原稿を編集者に送った後、愛車FITに乗って支笏湖に行きました。このところ、晴れた日には窓から綺麗な夕焼けが見えることがあって、支笏湖に行けばすごい景色が広がっているんだろうな、そんな想像をしていました。 

Dscn2106a

 少し風があるのと、水蒸気量が足りないかな?

Dscn2107a

 釣りをしている人がいましたね。

Dscn2109a

 あまり観光地化していない支笏湖は、自然と気持ちを穏やかに大きくしてくれます。

Dscn2110b

 丸駒温泉側に行くと風も穏やか、水の透明感と軟らかい紫色が何とも言えません。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "夕焼けを見に支笏湖へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『超音波探傷 基礎のきそ』脱稿!!

 今月末発刊予定の『絵とき 超音波探傷 基礎のきそ』(日刊工業新聞)の、最後に残っていた原稿を先ほど編集者宛てにメールで送りました。

 脱稿です。

L_388

GOAL!!

 私は遅筆です。筆が進まなくなると、自分でも嫌になるぐらいノロノロになってしまいます。今回は、途中からマラソンの42.195kmに換算して、今どれくらいを確認しながら、自分を鼓舞してきました。

 昨日は、楽天・田中の試合を見て、最後の気合を入れました。今日は、休もう。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 P.S.Amazonに「超音波探傷 基礎のきそ」のページができました。

続きを読む "『超音波探傷 基礎のきそ』脱稿!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『超音波探傷入門 パソコンで実技演習 デジタル超音波探傷器編』発刊!!

 先ほど郵便物が届きました。

Img_2638

 『超音波探傷入門 (パソコンで実技演習) デジタル超音波探傷器編』です。いよいよ発刊になります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『超音波探傷入門 パソコンで実技演習 デジタル超音波探傷器編』発刊!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »