« 仁和寺と五重塔 | トップページ | 風邪でダウン »

襟裳岬の冬と島倉千代子

 襟裳岬に行ってきました。

Dscn2509

Dscn2510

 岬の先端、高い位置にある灯台と電波灯台。

Dscn2511

 あいにくの雪模様。日高山脈の尾根が太平洋に沈んでいく様子は霞んでよく見えません。

Dscn2512

 岬の先端への波の寄せ方を見たかったのですが、残念ながらこれも霞んで見えません。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

岬先端近くにある旅館に宿泊しました。その日の宿泊客は私たちだけ。

Img_3087a

 部屋の電話は、ダイヤル式の黒電話。懐かしい。

Img_3086a

料理は、この辺で採れるものが並んでいました。

Img_3090

 こちらはエゾ鹿のしゃぶしゃぶ。初体験です。

 体調が少しよろしくなかったのですが、美味しくいただきました。

 襟裳岬といえば森進一。歌碑がありました。

Dscn2514

 お当地ソングで、「襟裳の春は、何もない春です」と歌うのは画期的でした。「有」ではなく「無」を唄う。

 隣にある島倉千代子の「襟裳岬」。聴いたことがあるような無いような。

Dscn2513

インターネットもつながらない売店も自動販売機のない襟裳の冬でした。波と風と雪と大自然の気の遠くなるような営みを感じてきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
なんとか1位です

|

« 仁和寺と五重塔 | トップページ | 風邪でダウン »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/58756202

この記事へのトラックバック一覧です: 襟裳岬の冬と島倉千代子:

« 仁和寺と五重塔 | トップページ | 風邪でダウン »