« 吉備津神社と桃太郎伝説 | トップページ | 蟠龍 »

JSNDI機関誌『非破壊検査』2013年正月号

 日本非破壊検査協会(JSNDI)の機関誌正月号が届きました。

Img_3200b

 このところ表紙画像は良いですね。多分衛星から俯瞰した画像でしょう。「宇宙の渚」も青紫の円弧状に綺麗に見えています。

 全80頁の中に私の名前が3カ所に出てきます。「ウォーリーを探せ」ではありませんが、お時間のある方は、探してみてください。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 実は、この機関誌の編集委員をしています。完全に無給のボランティアなのですが、礼を尽くして頼まれれば、引き受けなければならないこともあります。気負うことなく私の出来る範囲のことをしていこうと思います。

 機関誌と言えば、高校生1年クラス役員を選ぶ時に、ジャンケンで負けて「生徒会機関誌」の編集委員になったことがあります。2年生の時には、成り行きで編集委員長にならされました。もう47年も前の話ですが。

 「文章」を扱うことは、苦手の分野でした。企画を立てて、原稿をお願いして、どうしても原稿が集まらないからしょうがない自分でも2頁ぐらい書いて、目次つくりや校正なども行いました。

 今でも忘れられないのは、副編集長だったI谷嬢。彼女は小学校時代の同級生で、高校ではクラスが違っていました。知的で大人しく、印象としてはいつも静かに本を読んでいる感じでした。彼女がずぼらな私に変わって事務的なことをきちんとこなしてくれていました。

 そのI谷嬢が、私の原稿をチェックしてくれて「赤ペン入れておいたので見ておいて」と渡してくれました。それを見て愕然。誤字脱字、主語の不明、「の」の多用による構文崩壊・・・ほとんど全面ダメだしでした。

 自分の文章のダメ加減もショックでしたが、それよりも7歳の時からほとんど同じ環境で学んだ彼女の国語力に驚かされました。とてもかなわないなと思いました。

 どうしているんだろうなぁ・・・小学校か中学校の先生をしていると風の噂に聞いたけれど。今の私の文章を見ても、「相変わらずね」と赤ペンをなめるのだろうか。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在1位です

|

« 吉備津神社と桃太郎伝説 | トップページ | 蟠龍 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

今日届いた機関誌で、私は発見しましたよー
次回号は顔写真付きでしょうか?
東京出張お気をつけて~

投稿: kita404 | 2014年1月 6日 (月) 22時36分

kita404 さん

おめでとうございます。発見者第1号です(w)。
そうなんです、来月号では顔写真入りの指名手配になります。

投稿: SUBAL | 2014年1月 6日 (月) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/58881831

この記事へのトラックバック一覧です: JSNDI機関誌『非破壊検査』2013年正月号:

« 吉備津神社と桃太郎伝説 | トップページ | 蟠龍 »