« 仙台で浸透探傷・磁粉探傷の講習 | トップページ | こんな日もある »

日本飛行機 格納庫屋根崩落

 首都圏の記録的な大雪の影響は、混乱という閾を超えてもはや災害と言えそうです。海上自衛隊の格納庫の屋根が崩落して、飛行機に損傷が起きているという報道がありました。その後の報道(朝日新聞デジタルの記事)によると、神奈川県大和市にある海上自衛隊厚木基地に隣接した日本飛行機(株)の格納庫だったようです。

Nippimap

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

Nippi

朝日新聞デジタルより引用)

 屋根が崩落して、飛行機の垂直尾翼が屋根を突き抜けて見えています。崩落した屋根が飛行機に支えられているようにも見えます。中に有る航空機には、相当なダメージがあると思われます。

 建物の崩壊という視点からも、航空機へのダメージという視点からもとても気になるニュースでした。

 日本飛行機(株)は現在川崎重工の100%子会社になっており、卒業生も就職しています。

 これから、崩落した屋根を取り除き、航空機を取り出し損傷の程度を確認するといった仕事をすることになるのでしょう。大変な作業になりそうです。

 くれぐれも安全第一で頑張ってほしいと思います。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在2位です

|

« 仙台で浸透探傷・磁粉探傷の講習 | トップページ | こんな日もある »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/59155389

この記事へのトラックバック一覧です: 日本飛行機 格納庫屋根崩落:

« 仙台で浸透探傷・磁粉探傷の講習 | トップページ | こんな日もある »