« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

HondaのジェットエンジンHF120の型式認定証

 Hondaがホンダジェットの機体だけではなく、ジェットエンジンも独自開発している話は、このブログでも何度か話題にしてきました。

 この小型ターボファンエンジンHF120が、昨年12月FAA(Federal Aviation Administration:連邦航空局)の型式認定(Type Certificate)を取得しました(こちら)。1986年に研究開発を始めて27年、ついに販売用の量産が開始されたのです。

 で、なんとType Certificateの取得を記念して作られた盾を、さる筋(あの筋しかないのですが)からプレゼントとしていただきました。

Dscn2588a

 いやー、嬉しいのなんのってね。ジェットエンジンマニア、ネ20フェチとしては思わず涙が出るほどです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "HondaのジェットエンジンHF120の型式認定証"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

破壊力学と非破壊検査のコラボ

 再認証試験トリプル受験の翌日(22日)苫小牧は雪でした。

Img_3596

 学会で札幌に来られていた東工大のM先生と苫小牧で会って、居酒屋「いろはにほへと」で歓談しました。

 約4時間、食べることも忘れるぐらい色々な話題で花が咲きました。CFRPの損傷モードの話、いくつかの事故の原因の話、M先生の最近の研究の話、某雑誌の特集の話・・・とりとめのない話でしたが、関心のよりどころが似ているので、私にとっては楽しく刺激的な話がいっぱいでした。

 M先生は、東工大では材料力学や破壊力学を教えています。その方が、非破壊検査に大きく足を踏み入れています。破壊力学と非破壊検査のコラボレーションの必要性を主張されていて、そこは私も完全に一致しています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "破壊力学と非破壊検査のコラボ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

資格(再認証)試験トリプル受験

 昨日(21日)、雪の札幌へ、非破壊検査資格の再認証試験受験のために出かけました。

Img_3583

 受けたのは、放射線透過試験(RT3)、磁粉探傷(MT3)、浸透探傷(PT3)。非破壊検査の資格は、いったん取得しても、10年に一度再認証試験を受けなければなりません。3部門同日のトリプル受験で、朝9時45分から15時45分までのロングラン。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "資格(再認証)試験トリプル受験"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

3月 出会いと分かれ 本田宗一郎の夢

 3月16日17日、従兄の葬儀に出席するため、千葉県に行ってきました。 北海道から行くと千葉はもう春。歩くと汗ばむほどでした。

Img_3549

 山茶花でしょうか、淡いピンクの花が咲いていました。

 亡くなった従兄は、私より6つ年上。長いこと本田技研に勤めていて、退職後は悠々自適の生活をしていました。もう10年ほど前ですか、青山のHONDA本社を訪ねて、近くの有名(と聞いた)フレンチレストランに連れて行ってもらって、フランス料理のフルコースを奢ってもらいました。あとで、1人前数万円すると知って驚きました。

 明大卒で学生時代はマンドリンクラブに所属をして、ギターの腕前はプロ級と聞いていました。

 そんな彼が、癌を患って入院したのは昨年の秋口。10月にお見舞いに行きました。

 思ったよりは元気で、小一時間いろいろな話をしました。その中で面白かったには、本田宗一郎の逸話です。彼は、宗一郎と直接かかわっている世代です。

 現在HONDAは、HONDA ジェットを開発していますが、本田宗一郎は無類の飛行機好きだったとのことです。自ら操縦桿を握ることもあったとか。

 本田宗一郎の夢は、HONDAを英国のロールスロイスを超えるメーカーに育て上げることだったそうです。ロールスロイスは、車メーカーでもありますがジェットエンジンメーカーでもあります。

 「本田宗一郎の発想からすれば、HONDAが飛行機の機体だけを作ってエンジンは他メーカーのものを載せる、という選択肢はあり得ないだろうなぁ・・・」というのが、従兄の見解でした。

 「ともかく動くものが好き、とくにエンジンが好きだった。」

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "3月 出会いと分かれ 本田宗一郎の夢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

破壊力学へのガイドとして『おもしろサイエンス 破壊の科学』

 本を執筆して刊行している以上、多くの人に読んでほしい、少しでも役立ってほしいと思っています。

 「おもしろサイエンス 破壊の科学」を名書として紹介してくれているサイトがありました。

「理系なら読んでおきたい名書(機械系)」

Ca3g0157 材料・材料力学に関心と知識がある方のようです。

 このように紹介していただけています。

 『「材料力学わかんね~」って方にオススメ。ガラスや金属がどの様に変形・破壊するか豊富なイラストで解説されている良書。計算だらけの材料力学が何を考えているのか理解できます。』

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "破壊力学へのガイドとして『おもしろサイエンス 破壊の科学』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台での非破壊検査講習とエアロスバル

 3月8日~11日までの4日間、仙台で講習をしてきました。今月の21日・22日に迫った非破壊検査資格試験(1次学科)合格に向けた講習でした。

 8日・9日の会場は、「宮城県産業技術総合センター」でした。

Img_3504

 仙台駅からバスで約50分。立派な建物です。

 10日・11日はJSNDI東北支部の事務所で行いました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "仙台での非破壊検査講習とエアロスバル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.11 3周年を仙台にて

 仙台での講習4日目です。今日は3月11日、『3.11』3周年です。 

 だからといって特別なことはないのですが、淡々と東北の技術者たちの学習をお手伝いしてきます。

  3年前、当時専門学校の教員で、卒業式のための会場準備を体育館で行っていました。大きな揺れ、しかも明らかに長周期、どこか遠くで大きな地震が起きていると感じました。揺れ方が奥尻の地震とよく似ていました。

 職員室に帰ってテレビを見たら、名取地区の上を飛ぶヘリコプタの映像が映し出されていました。その映像は、衝撃的で、忘れられません。。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "3.11 3周年を仙台にて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーチャル超音波探傷器制作秘話『検査機器ニュース』

 仙台で講習を行っています。「3.11」3周年は仙台で迎えることになります。

Img_3498

 昨晩生牡蠣を美味しくいただきました。

 『検査機器ニュース』(1276号2月20日付)をいただきました。

 1月に東京で開催された「第21回超音波による非破壊評価シンポジウム」の会場でインタビューを受けた記事が掲載されています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "バーチャル超音波探傷器制作秘話『検査機器ニュース』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『鉄道車両における非破壊検査と最近の研究開発』

 札幌での検査技術研究会が終わり、今朝は仙台に来ています。

Img_3479

 さすがに札幌、国道のわきには雪の壁が立っていました。

 研究会での特別公演は鉄道総研牧野氏による『鉄道車両における非破壊検査と最近の研究開発』

 この講演、わかりやすかったですね。

Img_3494

 私も鉄道車両の非破壊検査については、少し勉強はしていましたが、現状全体を見渡すような内容、かつ最新研究動向まで、絵解きでの解説で勉強になりました。

 牧野氏に来ていただくように仲介した私としては、いい仕事をしたかな、という感じです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『鉄道車両における非破壊検査と最近の研究開発』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いまさら聞けない超音波探傷の常識

 3月7日に札幌で開催される『第34回検査技術研究会』(北海道機械工業会主催)で、今回から始まる試みとして、いわゆる研究発表ではなく初歩講座を開催することになりました。その第1弾の担当は私です。

 タイトルは、『トコトンやさしい超音波探傷きそ講座』、サブタイトルを『‐いまさら聞けない超音波探傷の常識‐』としました。

 JSNDIの教科書にもそれとしては書いていない・・・だけどこれって大切なんだよなぁ・・・と私が感じている3つのトピックスを取り上げます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "いまさら聞けない超音波探傷の常識"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

点滴中の雑念

 北海道の田舎者フリーランス、不覚にも都会の強力なウイルスにやられたようで、週の後半ダウンしました。

 26日に病院へ行きました。積極的な治療法はないらしく、補液のための点滴とあとはゆっくり休むだけ・・・とのこと。

 で、久しぶりの点滴。点滴中は、もちろん何もできません。

 電話もメールもダメ。でも、隙見てiPadを出して写真撮影。片手で撮るのは結構大変です。

Img_3464

 液が滴下するのをぼんやり眺めながら、ひたすら時間が経過するのを待ちます。ほとんど座禅のようです。ベットに寝てますけれどね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "点滴中の雑念"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »