« いまさら聞けない超音波探傷の常識 | トップページ | バーチャル超音波探傷器制作秘話『検査機器ニュース』 »

『鉄道車両における非破壊検査と最近の研究開発』

 札幌での検査技術研究会が終わり、今朝は仙台に来ています。

Img_3479

 さすがに札幌、国道のわきには雪の壁が立っていました。

 研究会での特別公演は鉄道総研牧野氏による『鉄道車両における非破壊検査と最近の研究開発』

 この講演、わかりやすかったですね。

Img_3494

 私も鉄道車両の非破壊検査については、少し勉強はしていましたが、現状全体を見渡すような内容、かつ最新研究動向まで、絵解きでの解説で勉強になりました。

 牧野氏に来ていただくように仲介した私としては、いい仕事をしたかな、という感じです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 私の講座のほうは、大失敗でした。終わった後参加者からは口々に、「難しかった」「わからなかった」「やさしくなかった」という感想が寄せられました。

 これほどの大失敗は、久しぶりです。

  説明の仕方という技術的な問題とともに、私が伝えようとしたことがピント外れなのかもしれない・・・・ショックを隠し切れません。万人にわかる話ではない、ということは承知していました。でも、これほどとは…。

 入社2年目、UT2の資格を取ったばかりという若い人が「あの説明を聞いてワクワクしました」という感想を寄せてくれました。唯一伝わったかなというところです。

 企画をして私に声をかけていただいた方に、ご迷惑をかけてしまいました。

 ゆっくり考えて、この失敗を肥やしにしていきたいと思います。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
なんとか1位です

|

« いまさら聞けない超音波探傷の常識 | トップページ | バーチャル超音波探傷器制作秘話『検査機器ニュース』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。どちらの講演も聴きたかったのですが、北海道は遠い…。近場での次の機会を待つことにします。たたき上げの先生のことですから、次は再起している事でしょう。倍返しだ!

投稿: niwatadumi | 2014年3月 8日 (土) 08時17分

niwatadumiさん

こんばんは。牧野氏の話は、良かったですよ。
それにひきかえ、私のは散々。立ち直れるか?単に説明術の話だけではないことは確かです。

投稿: SUBAL | 2014年3月 8日 (土) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/59255351

この記事へのトラックバック一覧です: 『鉄道車両における非破壊検査と最近の研究開発』:

« いまさら聞けない超音波探傷の常識 | トップページ | バーチャル超音波探傷器制作秘話『検査機器ニュース』 »