« 広島での仕事 | トップページ | “特集 国産開発ジェットエンジン”(『航空情報2014年 05月号』) »

ニッチ本『破壊工学』『非破壊検査』 同時増刷!

 日刊工業新聞社の浅緑色の封筒で、触ってちょっと硬い感じがしたら本の増刷の知らせである可能性が高いのです。今回届いた封書は、いつもより少し重く硬い感じがしました。

 『絵とき 破壊工学 基礎のきそ』と『絵とき 非破壊検査 基礎のきそ』の2冊が同時に増刷されるとのことです。

Img_4092

『破壊工学』本はこれで、5刷目になります。『非破壊検査』本は2011年4月に初版が発行されて、今回が初めての増刷です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 先月は『トコトン航空工学』と『超音波技術』が同時増刷になりました。日刊工業新聞社からは、8冊本を出していますが、そのうち5冊が増刷になります。8打数5安打、打率6割5分2厘、できすぎというところでしょうか。

 『破壊工学』本は、発売から5年が経過していますが、今でも大学図書館への収蔵数がじわじわ増え続けていて、先日収蔵数100冊を超えました(CiNii)。  

 私にとっては、『非破壊検査 基礎のきそ』が増刷になったのがとくに嬉しいです。これが本業だということがあります。「本を書きたい」と思ったのも、この本を書きたかったからです。

 出版社にとっては、田舎の名もない専門学校教員(当時)に執筆させるというリスクに加えて、読者層が狭く限定されたテーマの本を出版するリスクはなかなかとり難いというのは私にも理解できました。

 『超音波技術』『破壊工学』『航空工学』の3冊を出して、そこそこ売れた実績によって初出版から4年目に『非破壊検査』を出させてもらえました。奇しくも、初版出版の2011年4月は、私が非破壊検査業界に足を踏み入れて30年目、自身の還暦を迎えた年でした。

 この本には、多くの友人知人の協力をいただきました。あらためて御礼申し上げます。

 ニッチな分野の書籍ですが、少しでもどなたかのお役に立てているとすれば、光栄です。苦労のし甲斐がありました(ほっ!!(*゚ー゚*))。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在1位です

|

« 広島での仕事 | トップページ | “特集 国産開発ジェットエンジン”(『航空情報2014年 05月号』) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
おめでとうございますヽ(^o^)丿
それにしても増刊凄いですね。やっぱり皆さん本屋で立ち読みしたり、インターネットのレビュー、プレビューみたりして決めること多いと思いますが、先生の本は他の雰囲気とは明らかに違いますのですよね。なんか、やってみよう!という気が起きる不思議なパワーがあります。

投稿: ニコニコ | 2014年5月11日 (日) 21時58分

ニコニコさん

ありがとうございます。

今回同時増刷になった『破壊工学 基礎のきそ』(2009年発刊)と『非破壊検査 基礎のきそ』(2011年発刊)は、疲労破壊に関するパリス則でリンクしているのですよね。

『破壊工学』本を読んで、そこで展開されていたパリス則を学んだニコニコさんが、疲労破面をSEMで観察して、具体的なデータを採ってくれ、その成果を『非破壊検査』本に掲載することができました。

『破壊工学』の129頁と『非破壊検査』の188頁がリンクしている。

実に面白い。本を書いて出版する醍醐味を味あわせてもらいましたよ。

投稿: SUBAL | 2014年5月12日 (月) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/59611506

この記事へのトラックバック一覧です: ニッチ本『破壊工学』『非破壊検査』 同時増刷!:

« 広島での仕事 | トップページ | “特集 国産開発ジェットエンジン”(『航空情報2014年 05月号』) »