« 鋼管柱の地際腐食の非破壊検査 | トップページ | 鶴丸のBoeing787と亀戸の飛びたい亀 »

『かたちはこころ』という本

 ときどき「ブログ読んでますよ“心の形”。面白いですね」と言われることがあります。褒めていただいているので「ありがとうございます」というんですけれど、内心「“心の形”ではなく“かたちのココロ”なんだよなぁ・・・」とつぶやいています。

 「どっちでも変わらんだろう」という声も聞こえてきそうですが、本人には譲れないこだわりがありまして・・・はい(;´▽`A``。

そんな私にとって『かたちはこころ』というタイトルの本は、脳のどこかをビビッと刺激するものがあります。

Img_4359

 筆者は本田技術研究所で、本田宗一郎に叱られ怒鳴られながら数々のヒット作となるホンダ車の「かたち」を決めてきたデザイナーということです。

 巷にいる本田宗一郎信者というほどではないにしろ、私にとって本田宗一郎はやはり偉大で気になる存在です。ちなみに私の愛車はFITです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 面白いですね。HONDA車の形がどのように決められていったのか、筆者を中心にして本田宗一郎はもちろん、関係者の考えの衝突、ズレ、思考と試行、そして合意と成長と・・が成功・失敗事例を織り交ぜながらいきいきと語られています。

Img_4360

 この手の話には、嘘くささ宣伝臭さが付きまとうことが多いのですが、この本に関してはほとんど感じませんでした。

 見開き2頁でひとつの話が完結する1章と2章。起承転結、4コマ漫画のような巧みな構成。非常に読みやすいです。

 デザイナーの本なのに、一切図を使わない潔さも良いです。

 車を買うときに、選択基準はいくつかあるにせよ、「かたち」が「きもち」にフィットするかどうかも大きな要因ですよね。そんな「かたち」に秘められた「こころ」をちょっと覗けたような気がしました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在1位です

|

« 鋼管柱の地際腐食の非破壊検査 | トップページ | 鶴丸のBoeing787と亀戸の飛びたい亀 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/59936664

この記事へのトラックバック一覧です: 『かたちはこころ』という本:

« 鋼管柱の地際腐食の非破壊検査 | トップページ | 鶴丸のBoeing787と亀戸の飛びたい亀 »