« 横浜公園の小さな花とAIRDOのCAさん | トップページ | 航空専門学校で超音波探傷の講習 »

超音波探触子のX線CT画像

 昨日苫小牧市テクノセンターへ行って、超音波探触子のX線CT画像を撮ってきました。

 探触子の外観はこんな感じ。

Img_4760

  このブログの常連さんはお気づきでしょう。先日ネットオークションで購入したものです。

 装置はこんな感じです。

Img_4758

 データを処理するパソコン。

Img_4757a モニターにX線で撮影された探触子が表示されています。

 スチールのケースの中に鉛成分を持っているジルコンチタン酸鉛(PZT)の振動子が入っていますので、うまく撮影できるか不安でした。まぁ、やってみるしかありません。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 こちらがCT画像です。

140828pzt_1a

 断面画像です。スパッと切った感じです。中ほどに3つ白い点が見えますが、これはリード線です。

 “まさか、探触子内部のき裂や介在物を見つけようとしたわけでもあるまいし、この程度の内部構造なら、CTで見なくてもわかるだろう、あほちゃうか”という声が聞こえてきそうです。ごもっともです。

 ブログ記事に関して「役に立たないことをやっている暇人のお遊び」と言われることがありますが、私のとって「暇人の遊び」は褒め言葉なんですね。できれば暇人の遊びをずっとやっていたい(* ̄ー ̄*)。

 このCT撮影、他の検討とあわせて、「ガッテン!!」となったんですよ。実に面白い。

 直接の目的とは関係ないのですが、このネジ部なんか面白いと思いませんか?

140828pzt_1b

 私の脳内には何色かの妄想の粒が拡散して広がりました*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!。

 ちなみにこのX線CTの使用料、1時間当たり3200円です。この探触子を1個撮影するのに約1時間かかりました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在1位です

|

« 横浜公園の小さな花とAIRDOのCAさん | トップページ | 航空専門学校で超音波探傷の講習 »

超音波」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/60226203

この記事へのトラックバック一覧です: 超音波探触子のX線CT画像:

« 横浜公園の小さな花とAIRDOのCAさん | トップページ | 航空専門学校で超音波探傷の講習 »