« 青信号 警視庁の見解 | トップページ | 森は秋色 »

EPTAの『宝石への旅』

 このブログで螺旋のソフトを公開していたことがきっかけで、エプタ(EPTA)という雑誌の編集者と縁ができて、このたび最新号が送られてきました。特集は「宝石への旅」、表紙には1.53カラットという大きなダイヤモンド。

Img_5134

 煌びやかですね。貧乏人+野暮天の私にはもっとも縁遠いもののひとつでしょう(;´▽`A``。

 こんれも良く取材がされてセンスの良い編集になっています。

Img_5135

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 宝石ですから、探せば美しい写真は撮れるでしょう。ただそれだけだったらこれまでもあったような気がします。

 EPTAは、それに薀蓄というか知的な好奇心をくすぐる記事を載せています。

Img_5136

 最もおもしろかったのは、こちらの記事(「日本史から消えた宝飾文化」)。

Img_5137

 へーなるほど。

 このページの左端の写真。

Img_5138

 こんなきらびやかな仏像があるんですね。741年というから奈良時代、仏教伝来からおよそ200年後ということですね。不空羂索(けんさく)観音立像という名前で、東大寺に所蔵されているということです。宝石がちりばめられているとのこと、見に行きたくなりました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在かろうじて1位です

|

« 青信号 警視庁の見解 | トップページ | 森は秋色 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/60499839

この記事へのトラックバック一覧です: EPTAの『宝石への旅』:

« 青信号 警視庁の見解 | トップページ | 森は秋色 »