« 東京デズニーランドデビュー | トップページ | 夢の国と安全対策 »

ジェットコースターの加速度

 TDLで最初のアトラクションを体験して子供たちとワイワイ話をしていた時にふと思い出しました。元公園遊具会社の社長でブログ仲間である271828さんが言っていた「こども遊びは加速度の変化」ということを。

 そうだ加速度を測定しよう(*゚▽゚)ノ。

  iPadのアプリに「i地震」があって、これを使って少し前に飛行機の離陸時の加速度を測定していました。

 iPadは持ってきているし・・・ターゲットは…と。あまり激しくなさそうなジェットコースター(「ガジェットのゴーコースター」)がありましたのでこれに決めました。

Img_5199

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 で、測定結果がこちら。3軸(WE NS UD)の加速度の時間的変化が記録されています。

Img_5239

 ゼロシフトを考慮すると、最大加速度はUD(上下)方向で、測定開始後153秒後(ジェットコースターが動き出してから53秒後で約2500galということのようです。重力加速度のおよそ2.5倍。これを「面白さ」として程よいと感じるのか、物足りないか、不快感を覚えるか、個人差があるとは思います。平均的にはどんなものなのでしょう。

  この波形のFFTを表示させてみると

Img_5238

 0.3Hzあたりにピークがあります。0.3Hzというのは、1サイクルおよそ3秒です。この数値も面白さに関係しているのかもしれません。

 データを読み取るのに必要な知識に欠けていますが、なんとなく面白い。

 加速度計測が手軽にできるようになりましたね。常時モニターをして異変を素早く察知するということもありかな、と思います。

 膝の上でiPadを必死に抑えながらのジェットコースター体験でした。もちろん他の人のように手を上げて叫ぶなんてことはできませんヽ(´▽`)/。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在1位です

|

« 東京デズニーランドデビュー | トップページ | 夢の国と安全対策 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

凄い、凄すぎる。
やっぱりSUBALさんただものではありませんね。
ただただ記事を読んで私はにやけるばかりです。
ジェットコースターをiPadを抱えながら乗っただなんて。
いや~、楽しそうです。面白そうだなぁ。
ほんと、楽しむ名人ですね。私も見習いたいです。

投稿: ニコニコ | 2014年11月 1日 (土) 16時31分

ニコニコさん

ハハハ(◎´∀`)ノいやまぁ何と言いますか、還暦を過ぎてもなお懲りないいたずら坊主魂です(笑)。
ジェットコースターがスタート地点に戻った時に、「計測停止」のボタンを押そうとしたら、三半規管がぐちゃぐちゃにされていたらしく手元が狂ってしまい、そのうち足もとにペンを落としてしまいました。
それを拾おうとしていたら、「お客様、大丈夫ですか?立ち上がってください」という女性の少し焦り気味の声が聞こえてきました。
「ジェットコースターで具合が悪くなってうずくまっている高齢者」の構図だなと思って、そのままだとどうなるのかやってみようかと一瞬思いましたが、そこはやめておきました(;;;´Д`)ゝ。

投稿: SUBAL | 2014年11月 1日 (土) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/60562954

この記事へのトラックバック一覧です: ジェットコースターの加速度:

« 東京デズニーランドデビュー | トップページ | 夢の国と安全対策 »