« ジェットコースターの加速度 | トップページ | 東京デズニ―ランドと非破壊検査 »

夢の国と安全対策

 東京デズニ―ランドは夢・ファンタジーの国。夢・ファンタジーには日頃体験できない冒険という要素も入ってきます。で、冒険には危険がつきもの、危険が隣り合わせでない冒険は面白味がありません。

 「スリルを安全に楽しむ」という矛盾をサービスとして提供することが遊園地のミソかなと思います。安全対策は徹底していなければならないけれど、可能な限り見えない感じさせないことが肝心なのでしょう。

 それでも、見えてくるものはあります。例えばJALが提供している「スタージェット」、隣にさりげなく避雷針が設置してあります。

Img_5207

 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 ガジェットのゴーコースターでは、

Img_5205

 軌道中央に設置されたブレーキは、車両が入って来ると開いて車両を挟み込むようにして制動するようになっていますが、1箇所に2基、2か所に設置されたいます。万が一ブレーキに不具合があっても衝突の衝撃を吸収するダンパがライト風の塗装をして車両前方に設置してあります。多重安全装置になっていてフェールセーフが採用されていると言ってよいでしょう。

 ブリジストンが提供しているゴーカートの「グランドサーキット・レースウェイ」では、もっと徹底しています。

Img_5192

 まず定められた軌道の上しか走れないようになっています。アクセルとブレーキは一つのペダルになっていて、足を離すとブレーキになっています。

Img_5186

 車の前後に送受信機がついていて、一定の距離まで接近するとブレーキがかかりアクセルが効かなくなって車が止まるようになっています。もちろん一目でわかる衝突エネルギを吸収するバンパーも。

 ここまで徹底していて目でわかり操作が制限されていることが伝わると「面白味」は大きく減少しているように思います。そのことが他のアトラクションに比べて待ち時間が少ないというメリットにはなります。

 「安全はプロに任せてスリルを味わう」TDLはそんな我儘が許される空間と時間であると言えそうです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在1位です

|

« ジェットコースターの加速度 | トップページ | 東京デズニ―ランドと非破壊検査 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

初TDLお天気にも恵まれ、楽しまれたようですね!
安全は夢の国でも日常でも大事ですね。

投稿: kita404 | 2014年10月30日 (木) 19時48分

 kita404さん

 さわやかな秋空で良かったですよ。日ごろの行いですかね(笑)。
 夢の国で安全対策は見えないことが肝心、なるほどなというところがいくつもありました。

投稿: SUBAL | 2014年10月31日 (金) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/60566219

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の国と安全対策:

« ジェットコースターの加速度 | トップページ | 東京デズニ―ランドと非破壊検査 »