« 東京デズニ―ランドと非破壊検査 | トップページ | ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎 »

ファンタジーの闇の中で

 東京デズニ―ランドの一日は思ったより楽しく過ぎ去りました。

Img_5222

 暗闇の中で繰り広げられたプロジェクションマッピングと花火とレーザー光を組み合わせた「Once Upon a Time」は見事、美しい。これは現地で見なければ、と思いましたね。

 最後に19時30分から始まる夜のパレードを見て帰ることにしました。

 そこで思いもよらぬことが起きたのです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

9時10分ごろ、見やすい場所に陣取ろうとパレード会場に行ってみたところ、とんでもない人・人・人・・・もう座る場所など見あたりません。

 パレードが行われる道に直交する道脇にようやく場所を見つけました。係の女性がせわしなく動き回り、必ずお尻をつけて座るように、ベビーカーは折りたたむように・・・と指示を出していきます。

  やがて時間になりシンデレラを先頭にパレードが始まりました。

Img_5224a

 美しい。何故か高校時代の文化祭で行った行燈行列を思い出していました。

Img_5226a

 パレードが最高潮に達したころ、後ろの方で何かが起きた気配がしたので、振り向きました。

 すると男が立ち上がって何か一言叫びました。次の瞬間、男は路上に組み伏せられました。男は5人の男女に抑えられて、手足を動かそうとしている様子はうかがえますが、声も上げられず動くこともできていません。

 先ほどまで客の座り方をチェックしていた女性もその中にいます。男を押さえている人は押さえながら周りの様子を伺い、他のスタッフに何やら指示をしています。別のスタッフが無線を使いながら、中腰で小走りに走っていきます。

 その走り方、ほとんど忍者です。

 やがてがっちりした体格の男が二人やって来て、男の手に何かを施して、立ち上がらせ脇を抱えて連れ去りました。

 驚いたのはその仕事の手早さと静かなこと。多分10メートル以上離れていた人は気づいていないのではと思われます。

 デズニ―ランドで何かをやらかしてやろうという輩がいてもおかしくありません。「爆弾を仕掛けた」とか「騒ぎを起こす」といった脅しが来ていても不思議はありません。

 たぶんそんな一人で、マークされていたのだと思います。ことを起こそうとした瞬間をとらえて抑えられ、ほとんどの人に気づかれることなく静かに排除されていったという感じです。

 華やかな光のファンタジーの闇で繰り広げられたプロの「凄技」に、息をのみました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在1位です

|

« 東京デズニ―ランドと非破壊検査 | トップページ | ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/60577296

この記事へのトラックバック一覧です: ファンタジーの闇の中で:

« 東京デズニ―ランドと非破壊検査 | トップページ | ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎 »