« 失速?エンジントラブル?台湾台北市でトランスアジア航空機墜落 | トップページ | 雪原のような雲とリプトンの紅茶 »

ボヘミヤン国境を越える?

 5日、苫小牧市役所7階からの眺望です。

Img_5652a

 噴煙を上げる樽前山を背景に街並みと王子製紙の煙突。苫小牧らしい景色です。7階にはパスポートの申請窓口があります。 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 期限が切れていたパスポートの再発行手続きに行ってきました。

Img_5654

 少々急ぐので、札幌に行こうと思ったのだけれど、戸籍抄本をとるついでに必要書類の確認のために苫小牧市役所の窓口に行ってみたのです。ネット情報では苫小牧で申請すると発行まで2週間、札幌まで行くと6日間ということです。

 結果的に市役所のパスポート窓口に拠ってよかったです。いきなり札幌の窓口に行っても、地元苫小牧市からの紹介連絡がないと、受け付けてもらえないそうです。危なく二度手間。なんじゃいそれ、と思ったけれど、まあいいか。

 札幌にある窓口は、札幌駅前のアスティ45の4階。

Img_5653

 同じフロアに写真屋さんがあって、そこで写真を撮って書類に必要事項を記入してそれで終わり。と思ったら本人確認に運転免許証を見せるのだけれど、氏名年齢生年月日等を書類上で確認し、写真と運転免許証の写真と私の顔を何度か見比べて、「あの、帽子をとってください」と・・・

 白髪具合と頭髪の薄くなり具合を確認されました。

 1週間後に本人が受け取りにいかなければなりません。

 田舎でのんびり暮らしていると、普段国境を意識することはありません。人・もの・金が国境を越えて動くとき、この動きを国は監視しているんだなぁ・・・とこんな時に実感します。一定の条件がそろわないと出してもらえないし、入ることもできない。その手続きのために結構なカネが動く。

 技術情報が国境を越えることもある領域では監視と規制の対象になっているんだなぁ・・・ということを最近実感することがあって、まぁそれやこれや田舎住まいのボヘミヤンな老人としてはなんだかなと思うのであります。21世紀に生きているんだから仕方がないか・・・。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在1位です

|

« 失速?エンジントラブル?台湾台北市でトランスアジア航空機墜落 | トップページ | 雪原のような雲とリプトンの紅茶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/61097022

この記事へのトラックバック一覧です: ボヘミヤン国境を越える?:

« 失速?エンジントラブル?台湾台北市でトランスアジア航空機墜落 | トップページ | 雪原のような雲とリプトンの紅茶 »