« 春爛漫 満開の桜の下で | トップページ | 『トコトンやさしい 超音波の本 第2版』医療関係の専門誌で紹介 »

『トコトンやさしい 航空工学の本』増刷(第3刷)

 『トコトンやさしい 航空工学の本』が2回目の増刷(第3刷)となり、見本本が出版社(日刊工業新聞社)から送られてきました。

Dsc003871

 この本、私がかかわった本の中では発行部数として一番多いはずです。発売(2010年3月)当初はあまりパッとした売れ行きではなかったのですが、発売から数年たってじわじわ売れ始めたという感じです。こういう売れ方は嬉しいです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
現在1位です

 発刊した本にはそれぞれ苦労もあり思い入れもあります。

 この本の共著者3名は全て私が日本航空専門学校の教室&実習室で教えた学生です。

 筆頭筆者の高木雄一氏は、私が航空専門学校に入ったとき入学した学生で、私が初めて担任したクラスのメンバーでした。卒業後米国に渡って、いまやアクロバット飛行の選手・インストラクター・審判としてその業界では知らない人がいないまでになって活躍しています。

 小塚氏は重工の航空宇宙カンパニー、松島氏はエアライン系のシミュレーター関連のエンジニアとしてそれぞれ第一線で活躍しています。私を除いて、若く現役バリバリの筆者たちです。

 執筆を開始するとき4名で『面白い、読みやすい、まじめな良い本を作る』ことを合言葉にしました。

 私を含めて社会的なネームバリューの無い筆者の本ですが、じわじわと読者が増えています。とてもうれしいです。 

にほんブログ村 科学ブログへ
現在4位です

|

« 春爛漫 満開の桜の下で | トップページ | 『トコトンやさしい 超音波の本 第2版』医療関係の専門誌で紹介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/61385763

この記事へのトラックバック一覧です: 『トコトンやさしい 航空工学の本』増刷(第3刷):

« 春爛漫 満開の桜の下で | トップページ | 『トコトンやさしい 超音波の本 第2版』医療関係の専門誌で紹介 »