« 残念!!くじ運 | トップページ | ホンダジェットの報道と『ガイヤの夜明け』 »

ホンダジェット日本初飛行のコース

 2015年4月23日(木)Honda Jet(N420HE)は仙台空港から羽田空港まで48分の飛行をしました。この飛行は、日本航空史に太文字で刻まれると思います。

 この日私は、N420HEが仙台空港を離陸するところから羽田空港に着陸するところまでFlightLadar24でウォッチしていました。そのときあそこを通ってくれ、と密かに期待する飛行コースがありました。N420HEはズバリ期待通りのコースをとってくれました。その時のキャプチャーです。

Hj4

 N420HEは千葉県木更津市上空から東京湾に抜けるところです。

Kisarazu3

 次の写真は、4月19日に私が新千歳から羽田に向かうAIRDO26便の機内から撮影したものです。上のN420HEがいる位置とほぼ同じです。

Dsc004071

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 この機体の真下にあるもの、それが・・・

Kisarazu2

 陸上自衛隊の木更津駐屯地です。航空写真で見ると分かるのですが、

Kisarazu

 滑走路があります。

Kisarazu4

 この滑走路こそ、今から70年前の1945年(昭和20年)8月7日日本初のジェットエンジンne20を搭載した「橘花」が初飛行で飛び立った滑走路なのです。 

Kikka

 羽田空港に着陸後ANAの格納庫に入ったHonda Jetです。

Hj6

 Honda Jetは紛れもなく本田宗一郎の夢の実現であり、その夢を自らの夢として引き継いできたエンジニアたちの奮闘の賜物です。「奮闘の賜物」などと一言では言えないことがあっただろうことは想像に難くありません。

 私は、その中に70年前ネ20を開発開始からわずか8か月で初飛行までこぎつけた永野治氏をはじめとしたエンジニアたちから連なる技術の地下水脈が流れているだろうと想像しています。その一部は私も伝聞として聴いています。

 そんなことを考えながら、Honda Jetが羽田に着陸する画面をYouTubeのLiveで見ていると胸にこみ上げるものがあります。本物のHonda Jetに会いたかった。神戸でのイベント募集の抽選に外れたのは、本当に悔しい。駄々っ子のように悔しい。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在2位です

|

« 残念!!くじ運 | トップページ | ホンダジェットの報道と『ガイヤの夜明け』 »

科学技術」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/61490416

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダジェット日本初飛行のコース:

« 残念!!くじ運 | トップページ | ホンダジェットの報道と『ガイヤの夜明け』 »