« 苫小牧市にある本物の宇宙船 | トップページ | エアバスA320の受難 »

苫小牧市にある本物のジェットエンジン

 苫小牧市科学センターにある本物、第2段です。写真は1階フロアーに展示してある軸流式ターボジェットエンジンJ34のカットモデルです。

Dsc003061

 これは、日本航空専門学校の学生たちが学校にあったJ34エンジンをカットモデルにして、学校から苫小牧科学センターに寄贈(?)したものです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 日本航空専門学校で航空機や航空機エンジンを製造するメーカーへの就職を目標にした航空技術工学科(3年制)を立ち上げたときに、自由研究課題を設け「有ったら良いが無いものを作る」を目指して「卒業制作」の授業を始めました。航空技術工学科第1期生の中で「J34のカットモデルを作りコンプレッサーの仕組みが実物でわかるようにしたい」と言い出した者が現れました。

 軸流式圧縮機は、入り口から入った空気がタービンの力で回る動翼と回転しない静翼との間を通りながら次第に圧力が高まっていきます。このことは教科書に書かれた図や理論の説明で教えられるのですが、やはり本物を見たいという気になりますね。

 彼らの試みは後輩に引き継がれ、次の世代で燃焼室も「燃料ノズル・燃焼ガスの流れ・冷却空気の流れが分かりやすく」なるようにカットされました。

Dsc003071

 それが見学に来られた苫小牧市青少年科学センターの方の目に留まり「貸してほしい」ということになりました。

 貸すために、今度は「迫力を失わない程度に子供たちに怪我をさせない」とい安全対策が工夫されました。

 これが貸出(寄贈?)されてから13年の月日が経ちました。何人の少年少女がこの前で立ち止まったのでしょう。その感想を聞くことはできませんが、とりあえず事故があったとか怪我があったとは聞いていません。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在4位です

|

« 苫小牧市にある本物の宇宙船 | トップページ | エアバスA320の受難 »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/61437350

この記事へのトラックバック一覧です: 苫小牧市にある本物のジェットエンジン:

« 苫小牧市にある本物の宇宙船 | トップページ | エアバスA320の受難 »