« クリップマクロで桜ホログラム | トップページ | 超音波漬け »

Honda 航空機エンジン開発の軌跡が見れる展示@和光市市役所

24日に上京して首都圏で仕事をしています。

東京へ向かう飛行機の中から見えた風景です。

Dsc00598

翼下に見えているのは猪苗代湖です。

Hondaが航空機エンジン開発の軌跡がわかる展示をしているという情報が入り、行ってきました。場所は埼玉県和光市にある和光市民文化センター「サンアゼリア」展示ホールで、6月1日(月)まで、一般公開で誰でも無料で入れます。和光市市役所の案内ホームページ

入口の写真です。

Dsc00645

こじんまりとした会場です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

現在HondaJetに搭載されているHF120。

Dsc006421

これは岡山県岡南飛行場で見ています(こちら)。

今回私が見たかったのは、1980年代からHondaが開発してきた航空機エンジン、開発の軌跡がわかる3台のエンジンです。HF120につながる成長過程といってもよいでしょう。こういう展示はめったに見られない、少なくも私が知る限り米国のスミソニアン航空博物館にでも行かなければ見られません。もちろんHondaの航空機エンジンはたぶんまだスミソニアンに行っても見れないと思います。

Dsc006191

私が見たかったのはこちら。2重反転プロペラがついたターボプロップエンジンATD、小型ターボファンエンジンのHFXとHF118。

性能とともに開発コンセプトが書かれたパネルが添えられています。想像の翼をちょっと広げるだけで、それぞれに意欲的な挑戦があり、おそらくは数々の失敗もあり、エンジニアたちの口惜しさと喜びが幾重にも重なっているだろうことがおぼろげながら見えてきます。胸が熱くなります。

小さな会場でしたが、同じ和光市にある本田技術研究所航空機エンジンR&Dセンターから数人のエンジニアの方が来ており、一般の方に質問に丁寧に答えていました。こんな機会はめったにないのですよね。私は時間的に限られていたのですが、貴重な写真を撮影して楽しんできました。

にほんブログ村 科学ブログへ
うむ・・・現在6位です

|

« クリップマクロで桜ホログラム | トップページ | 超音波漬け »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

こんな情報って、一般人には知り得ないよなあ。
だってホンダHPにも出てないし、、、告知して混乱させまいとしてるんだろうけど何だかなあ。
今更なコメで失礼します。

投稿: N | 2015年6月18日 (木) 19時12分

いえいえ、和光市のHPに普通に載っていましたよ。
翌日には、TVや新聞のニュースにもなったようですし、ネットニュースにもなっていましたからね。
初日でも、狭い会場ながら、私を含めてマニアックな一般人がたくさん来ていましたよ。
まぁ、あそこは全国規模で宣伝して人を集めるような会場ではありませんね。

投稿: SUBAL | 2015年6月18日 (木) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/61656343

この記事へのトラックバック一覧です: Honda 航空機エンジン開発の軌跡が見れる展示@和光市市役所:

« クリップマクロで桜ホログラム | トップページ | 超音波漬け »