« 少年のまなざしの向こう | トップページ | ツアーチームとピンバッジ »

まだ咲かぬ見果てぬ夢とあどけない夢

 昨日の記事で掲載したこの写真、少年の立ち姿と眼差しが一番なのですが、背後にいる人にも注目したい。

Img_57571_2

 白いシャツの男性ですが、この方本田技術研究所でジェットエンジンの開発に携わっている方です。30代半ばと言っていました。私とほぼ同年代と思しき男性の質問に丁寧に応えていました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 質問していた男性は「機体はどうでも良くてエンジンを見に来たんだ」と話していました。おっ!そういう人もいるんだ。

 とあるジェットエンジンメーカー(I社←わかる人にはわかる)に長いこと勤めていたということでした。

 私は黙って横で2人の会話を聞いていました。質問はやや専門的で多岐にわたりましたが、エンジン開発の段階、部品の製造の体制が主でした。男性の訊きたい主眼は日本国内で部品製造を行っているのか、行う予定があるのか、に向かっていました。本田技術研究所の方の説明は私には非常にわかりやすかったです。フムフムなるほど。

 話はエンジン開発に関する会社の姿勢の話になって、本田技術研究所の方は「うちは、儲かるか儲からないかわからないようなことでも時間とお金を掛けさせてくれます。でもできたものが他とあまり変わらないようなものだと何やってんだと怒られます。」

 シニアエンジニア氏、「そうですか、良いなぁ・・・それにあなたも含めてみな若いよね。僕ももう少し若ければ仲間に飛び込みたいです」。

 横で聞いていて、同年代のエンジニアとしてあなたの気持ちは痛いほどわかる。

 私は、この写真を見ていると自然と中島みゆきの『ヘッドライト テールライト』の歌が浮かんできます。

 ということでHondaJetで埋め尽くされた今年のGW「かたちのココロ」はこの歌で〆ます。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在3位です

|

« 少年のまなざしの向こう | トップページ | ツアーチームとピンバッジ »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/61552493

この記事へのトラックバック一覧です: まだ咲かぬ見果てぬ夢とあどけない夢:

« 少年のまなざしの向こう | トップページ | ツアーチームとピンバッジ »