« HJのエンジン音 | トップページ | 少年のまなざしの向こう »

TAKEOFF とFLYBY Honda Jet in 岡山(岡南飛行場)

 この前の記事で飛行前点検時のエンジン音を紹介しました。今回は、離陸と低空接近飛行です。

 まず離陸です。

 アイドリング時には聞こえなかった高音域の音が聞こえます。

 前に人がいたり機影が小さくなってくると、カメラのモニターで確認できず、音を頼りに勘でカメラを動かしています。陽射しが強くてモニターに反射してとても見にくかったのです。ブレブレの言い訳です(;´▽`A``。

 次に滑走路上を低空で接近して飛行する様子です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 岡南飛行場は、Honda Jet World Tour in Japan 2015が開催された他の会場(仙台・神戸・熊本・成田)の中で最も小さく、したがってもっとも間近でデモ飛行を見れた会場です。しかも他の会場に比べて最も低空を(タッチアンドゴーすれすれ)で飛行したようです。

 他の会場は、国際線も就航する空港ですからね。空港施設立ち入りの制限がきつかったと想像します。

 もうひとつ最接近したものがあります。それは、Honda Jetの最大のライバルとなる米国Cessna社のビジネスジェット機Citationです。この動画の前半で、Citation4機のすぐそばをN420HEが飛行しています。

Hj8

 これはこの催しのために岡山航空(JAPCON)の格納庫から出されて屋外係留されていたものです。格納庫の中には仮設壁の奥に整備中で屋外に出すことが出来なかったCitationが2機ありました。

  岡山航空(株)・JAPCONはCessna社の認定整備工場であり、Citationをはじめいくつかのビジネスジェットの販売・運航・整備を行っています。ここは日本のビジネスジェットの拠点と言えるところなのです。

 この会社で私はNDI(非破壊検査)に関する技術顧問をしています。今回「Honda Jet World Tour in Japan 2015 岡山」に来て、いつの日かここでHonda JetのメンテナンスにかかわるNDIの仕事をする夢を見ました。私の夢へのFLYBYでもありました。

 いつのことになるのだろう。健康に気をつけて長生きしなければ(笑)。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在3位です

|

« HJのエンジン音 | トップページ | 少年のまなざしの向こう »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/61541041

この記事へのトラックバック一覧です: TAKEOFF とFLYBY Honda Jet in 岡山(岡南飛行場):

« HJのエンジン音 | トップページ | 少年のまなざしの向こう »