« 9泊10日 超音波・非破壊のディープな旅 | トップページ | 1000分の2の貢献 わが愛車Honda Fit »

Live中継のタイムラグ ベイスターズ VS ジャイアンツ

 7月13日の宿は、横浜関内で横浜スタジアムのすぐ近くでした。南口を降りると、駅前には数件の出店が出ていました。

 関内駅を降りて横浜公園を横切っていると、試合が始まるところでした。

Img_6046

 歩いている途中で、選手紹介のアナウンスが終わり試合が始まったようです。すると、いきなりの大歓声。先頭打者(梶谷)ホームランです。

 少し歩いているとまた大歓声。盛り上がっているなぁ・・・・。

Img_6048

 よおし、ホテルで野球中継でも見るか。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 汗だくになっていたのでシャワーを浴びてサッパリしてから、テレビをつけたらベイスターズVSジャイアンツ戦の中継をやっていました。

 ベットで横になって見ていたら疲れていたのでしょう寝てしまいました。大歓声で目が覚めて、TVを見たらバッターがバットを振るところでした。

 あれ?おかしいぞ。歓声はヒットとかホームランになった時に起きます。バッターがバットに球を当てる前には、それがヒットになるかどうかは分からないはずです。音は空気中では毎秒340メートルで伝わります。音の方が遅れるのは分かるとして、電波で送られてくる映像の方が遅れるなんて。海外からの中継ではないんだから…。

 ホテルの部屋は横浜スタジアムの中心との距離はおよそ300メートル。従って音は1秒弱遅れてくるはず、打者が打ってヒットになりそうということが分かって歓声が沸くまでやはり1秒弱。ということは、テレビのライブ映像は、2秒程度の遅れ・タイムラグがあることになります。

Live

 へーっ!面白いな。その後は、外の歓声を聞きながら、自分はテレビ観戦している人より1秒先が読める・・・そんなテレビ中継を楽しみました。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在4位です

|

« 9泊10日 超音波・非破壊のディープな旅 | トップページ | 1000分の2の貢献 わが愛車Honda Fit »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/61894388

この記事へのトラックバック一覧です: Live中継のタイムラグ ベイスターズ VS ジャイアンツ:

« 9泊10日 超音波・非破壊のディープな旅 | トップページ | 1000分の2の貢献 わが愛車Honda Fit »