« 母校の図書館と『湖陵文庫』  | トップページ | 芍薬と釣鐘草 »

『湖陵文庫』と写真家長倉洋海

 母校の釧路湖陵高校図書館にある『湖陵文庫』は、卒業生・教職員が書いた本が収蔵されています。その中を見ていて当然あるだろうと思われる人の本がありません。

 写真家長倉洋海はたくさんの本を出しています(Amazonの著者ページ)。アフガニスタンの戦場に赴き伝説の司令官マスードと親しくなり、その素顔を全世界に紹介することで有名になりました。戦場の荒々しい姿だけではなく、そこに暮らす人々やとりわけ子供のいきいきとした素顔を撮影しています。そういう戦場写真の多分草分けでしょう。

 彼は弓道部の1年後輩です。

 「長倉洋海の本はないのですね」と尋ねると、「長倉さんの本は別にコーナーを設けています」とのことでした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 

Img_5970

Img_5969

 発行されている本の数も多く別格扱いです。開校100周年の時に本人から寄贈があったとのことです。

Img_5971

 高校の教科書に掲載されているとのことでした。それは素晴らしいですね。

 高校卒業以来会ってはいないけれど、元気で活躍しているようです。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在4位です

|

« 母校の図書館と『湖陵文庫』  | トップページ | 芍薬と釣鐘草 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/61829602

この記事へのトラックバック一覧です: 『湖陵文庫』と写真家長倉洋海:

« 母校の図書館と『湖陵文庫』  | トップページ | 芍薬と釣鐘草 »