« 知恵と力を合わせて 東北で浸透の実技講習 | トップページ | 日本製ジェットエンジンが初めて飛行してから70年 »

広島原爆投下70年と安全保障法案

 本日は広島に原子爆弾が投下されて70年目になります。歴史にもしもはないけれど、米国が敗戦国であったならば、原爆投下を命令した責任者は戦争犯罪になったはずです。歴史上例をみない非戦闘員の大量無差別殺人です。これを戦争犯罪と言わずに、何を戦争犯罪というのでしょうか。

Hiroshima

 「人を一人殺せば殺人犯だが、数万人の規模で一挙に殺せば英雄」

 人類の歴史はまだこのレベルです。

 昨日中谷防衛相は、現時点の政策的判断としては想定していないとの注釈をつけながら「核ミサイルの運搬」「核搭載機への給油」は現在審議中の安全保障法案では可能である、と答弁しています。

 「政府の状況判断次第で可能になる」という答弁です。

 国際状況への対応が優先で「法的安定性は関係ない」と言い放つ人が中枢で政治を担っている政権です。

 私は安全保障法案に反対です。安倍政権は総辞職すべきです。

 あと1時間ほどで8月6日午前8時15分です。暑い夏です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

|

« 知恵と力を合わせて 東北で浸透の実技講習 | トップページ | 日本製ジェットエンジンが初めて飛行してから70年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

前期高齢者です。よく言ってくださいました。政治家の「悪ノリ」がどういう結果をもたらすのか、歴史に照らし合わせて識者だけではなく市井の人々が声を挙げる時期にきていますね。

投稿: sugi | 2015年8月 6日 (木) 10時39分

sugi さん
コメントありがとうございます。
米国は原子爆弾を人が住む都市の上で炸裂させたという人類史に残る残虐行為を行いました。日本人はこれに対して仇討ちという発想にはなりませんでした。敗戦国という弱み、圧倒的な国力の差ゆえという人もいるでしょう。でも弱者に宿る崇高な魂というものがあるように思います。長い歴史の中で、本当の強さとは何か、考えさせられます。

投稿: SUBAL | 2015年8月 6日 (木) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/62028049

この記事へのトラックバック一覧です: 広島原爆投下70年と安全保障法案:

« 知恵と力を合わせて 東北で浸透の実技講習 | トップページ | 日本製ジェットエンジンが初めて飛行してから70年 »