« ANAウイングスのCAさん | トップページ | 羽黒山五重塔 »

プロペラ機DHC8-Q400のQの意味

 昨日の記事で書いた、ANAウイングスのCAさんから頂いたリーフレット。

Img_6608a

 私にとっては、ほとんどが知っていることでしたが、知らなかったこともありました。

 それは、DHC8-Q400のQの意味。Qは静か(Quiet)のQだということです。DHC8-Q400は、先月秋田へ行くときも乗りましたが、プロペラのすぐ近くの席でも、驚くほど静かです。ターボファンエンジン搭載の飛行機とあまり変わりありません。

Img_6440

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 その仕掛けが、エンジンの音を拾ってその音を機体側から出して音の大きさを小さくしているとのことです。位相反転の音を出して、騒音を小さくする方法です。 

Img_6608b

 この方式は、アクティブノイズコントロールと呼ばれ、街中を通る高速く道路で使われているということは知っていました。

 波の基本的性質である「波の独立性」と「重ね合わせの原理」を積極的に活用した例です。

 波は変位(変化)の伝搬ですが、「波の独立性」と「重ね合わせの原理」はその本質的な現象です。そのことが面白くて「おもしろサイエンス 波の科学」日刊工業新聞社)を書きました。

 トマス・ヤングが光を波であることを証明した方法、ボーアが理論的に予測し日本の外村博士が完璧な実験で証明して見せた電子の波動性、ともかくワクワクします。

 私が仕事で使っている超音波のふるまいも、「波の独立性」と「重ね合わせの原理」で説明できることが多いのです。

 ただANAウイングスのリーフレットの絵は、若干疑問です。実際にこのようにやっているとしたら騒音低減効果は薄いです。音を聞く乗客のところで、位相が逆転するように音を出すべきなのです。実際にどこからどのような音を出しているのか知りたくなりました。次にDHC8-Q400に乗る機会があれば、CAさんに訊ねてみましょう。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在3位です

|

« ANAウイングスのCAさん | トップページ | 羽黒山五重塔 »

旅行・地域」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

超音波」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/62284728

この記事へのトラックバック一覧です: プロペラ機DHC8-Q400のQの意味:

« ANAウイングスのCAさん | トップページ | 羽黒山五重塔 »