« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

名古屋の夜

 首都圏での仕事を終えて、昨晩新幹線で名古屋へ移動しました。今日から名古屋での仕事です。

 私が名古屋に来るという情報を得たI君から「名古屋に来るのならぜひ会いたい」というメッセージ届きました。「いいよ」ということで、東京泊を名古屋泊に切り替えました。

 当日I君からメッセージが届いて「会社の中でこの話をしたら、自分も行きたいというのが出きて人数が増えるけどいいですか」。「もちろんいいさ」

 ということで、名古屋の定番のこれを食べる店に行きました。

Img_6853

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "名古屋の夜"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨上がりの新千歳空港

首都圏のホテルで朝を迎えています。

昨日午後、新千歳空港に向かう途中は突然スコールのような雨でした。このところずっと、行く先々で「ちょっと前まですごい雨だったんだけどね」といわれる「雨避け男」だったんですが、今回は土砂降りの中の出発かな、と思っていました。

ところが新千歳空港の出発ロビーに入ると、青空が見えてきました。

Img_6787a

アスファルトに残る水面に青空が写りこんで、なかなかにきれい。

Img_6789a

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "雨上がりの新千歳空港"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空飛ぶ非破壊検査コンサルタント

 1泊2日の大阪出張から昨晩帰ってきて、今日羽田に飛び首都圏で仕事をしてから、新幹線で名古屋へ向かいます。今月は、千歳・仙台・横浜・新潟・山形・大阪・東京・名古屋と文字通り飛び回っています。

Img_6765

Img_6770

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "空飛ぶ非破壊検査コンサルタント"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演習林内苫小牧川の鮭

 北大演習林内には、苫小牧川と名付けられた小川があります。

Img_6710

 清流です。

 川の中には、浅くて流れの速い瀬もあれば流れが遅くやや深い淵もあります。その淵に、鮭がいました。

Img_6728a

拡大すると・・・

Img_6728b

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "演習林内苫小牧川の鮭"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北大苫小牧演習林の小さな秋

 医者からは「歩きなさい」と言われていたのですが、住宅街を歩いても、なんだかむなしい。そんな私が、羽黒山に行ってから歩くことに目覚めてしまったかもしれません。

 今朝、北大苫小牧演習林へ行ってきました。 

Img_6683

Img_6685

 池にはうっすらと朝靄が出ており、太陽光を散乱させています。

Img_6698a

 始まったばかりの紅葉。

Img_6699

Img_6703

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "北大苫小牧演習林の小さな秋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitterでつまようじブリッジコンテストの話題

 昨日、このブログの「つまようじブリッジコンテスト」の記事(例えばこちらこちら)に対するアクセスが急増しました。どうしてだろうと調べたら、Twitterで話題になっていたようです。

///////////////////////////////////////////////////

「支給された爪楊枝と接着剤を使って強度の高い橋を作ろう」ってコンテストで、あるグループが「爪楊枝と接着剤を溶かして攪拌し、再合成した硬化木材を作ってぶっちぎりの優勝を獲得し、来年以降の開催を吹き飛ばした」って話ですね。

///////////////////////////////////////////////////

 その話は以前からネット上にあった「ネタ」で、特にどうこう言う問題でもないのですが、きまぐれでコメントしました。

 そうしたら昨日からリツイートが連続していて、本日(22日)夕方になっても、まだ続いています。

 「つまようじ」っていかにも弱いという印象がありますからね、接着剤による接合部より弱いだろうという思い込みが底流にあると思うのです。しかし私たちが直面した現実は真逆でした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Twitterでつまようじブリッジコンテストの話題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ登山2 樽前山

 昨日羽黒山へのプチ登山の記事を書いていて、ふと外を見ると青空が広がっていました。

 「そうだ!樽前山へ行こう」

 樽前山の標高は1041m、414mの羽黒山の倍以上です。しかも活火山。それでも自宅から車で約30分の支笏湖湖畔付近から7合目まで車で行けます。

 30代のころには何回か登っていますが、このところ行っていません。 

Dsc00869a

 7合目登山口です。硫黄の匂いが漂っています。

Img_6656

 段差が大きく傾斜もきつく足に来ます。サンダルで上り始めた中年のおじさんは約20mのところでギブアップしていました。サンダルはいくらなんでも山をなめているでしょう。 

Dsc00852a

 汗をかきながら、時々休みながら登っていくと、こんな見晴らしの良いところもあります。見えているのは支笏湖です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "プチ登山2 樽前山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ登山 羽黒山

 もう1週間前になるけれど、羽黒山五重塔を見に行って大満足。心配された雨も上がって上機嫌。時間もあることだし、そのまま出羽三山神社がある羽黒山頂上を目指してみるか、ということで登り始めました。

Img_6553

 杉林の中に石段が続きます。

Img_6565

 急なところもあります。

Img_6568

 木の切り株に腰かけて休みながら、ゆっくり。

 途中行きかう人と「こんにちは」「がっばって」と声を掛け合うのも気持ちが良い。

 ちょうど中間地点にお茶屋があります。

Img_6572

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "プチ登山 羽黒山"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ASNT Ultrasonic Testing Level Level III Study Guide

このところ非破壊検査に関する欧米の文献や論文を参照することが多くなっています。

Img_6645

 米国非破壊試験協会(ASNT::The American Society for Nondestructive Testing)から、『Ultrasonic Testing Level III Study Guide』を取り寄せました。超音波探傷レベル3の公式教科書というところでしょう。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ASNT Ultrasonic Testing Level Level III Study Guide"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハレの日の『てっ平』

 家族にちょっとうれしいことがあって、昨晩は苫小牧市音羽町にある『てっ平』にカツを食べに行きました。

Img_6644

 写真では伝わりにくいけれど、本当に美味しい。ここの大将とおかみさんとは、もう35年来の付き合いです。

 アレルギーがあってやや食が細い娘も、ここのカツは最も速いスピードでぺろりと平らげます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ハレの日の『てっ平』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽黒山五重塔

 あなたの趣味は?と問われるとたくさんありすぎて困るのだけれど、あえて言えばジェットエンジンと五重塔ですかね。

 日本には明治維新前に建てられて現在も残っている五重塔は、25あっていずれも国宝か重要文化財になっています。屋内にある小塔は3で、屋外にあるのは22.屋外にある国宝9塔のうち6塔、重要文化財13のうち7塔を直接見に行っています。

 まだ見ていない国宝3塔のうち、山形県羽黒山にある五重塔を新潟長岡での仕事の帰りに13日の日曜日行ってきました。この五重塔はぜひ見たかった。

 JR特急いなほに乗って鶴岡へ。そこからバスに乗り換えて随神門(ずいしんもん)まで行きました。朝8時に新潟のホテルをでて、ここに着いたのがおよそ11時半でした。 

Img_6509

 バスを降りてすぐのところにある鳥居の後ろ側にあるのが随神門、出羽三山神社の参道入口です。

Img_6515

 門をくぐると、両脇が杉並木の下りの石段です。数歩中に入っただけで、空気が変わりました。濃厚な杉の木の香りに全身がつつまれる感じです。

 歩いていると、すれ違う人が「こんにちは」と声をかけてきます。登山道の雰囲気なのかなぁ、街中とは対人関係がソフトになっているような気がします。

 親子連れと思われる3人が交互に写真を撮っていました。「シャッター押しましょうか?」と声をかけると、笑顔で「お願いします」。高校生ぐらいと思われる男の子が私のiPadで私を撮ってくれました。 

Img_6518

 4~5分歩いたところに、樹齢1000年を超えるという爺杉がありました。

Dsc00810a

 爺杉の奥の方に、五重塔が見えました。実にワイルドな見え方です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "羽黒山五重塔"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プロペラ機DHC8-Q400のQの意味

 昨日の記事で書いた、ANAウイングスのCAさんから頂いたリーフレット。

Img_6608a

 私にとっては、ほとんどが知っていることでしたが、知らなかったこともありました。

 それは、DHC8-Q400のQの意味。Qは静か(Quiet)のQだということです。DHC8-Q400は、先月秋田へ行くときも乗りましたが、プロペラのすぐ近くの席でも、驚くほど静かです。ターボファンエンジン搭載の飛行機とあまり変わりありません。

Img_6440

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "プロペラ機DHC8-Q400のQの意味"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ANAウイングスのCAさん

新潟のホテルの朝です。長岡で超音波探傷の教育をして、昨日は鶴岡市に行ってきました。これから新潟空港へ向かい、新千歳に帰ります。ANAの便ですが、ANAウイングスの機材と乗務員で運航されます。往きの便もそうでした。

Img_6480

9月2日に乗ったDHC8-Q800。私はローリングシャッター現象の写真と動画を撮っていました。

巡航高度に達して、飲み物サービスが終わったころCAさんがやってきて、「プロペラの写真を撮っていましたね」と話しかけてきました。

「デジタルカメラで撮影するとプロペラが曲がって写るのが面白くて撮っていました。」と応えると、「もしよろしければ」と言ってリーフレット(A3)を渡してくれました。ちょっとだけローリングシャッター現象の説明をしました。

リーフレットのタイトルは「プロペラ機のひみつ!夏休み自由研究 DHC-8-Q400」。

Img_6610

写真とイラストでDHC-8-Q400の説明がしてあります。少年少女や一般の人には「へーなるほど」が多い内容だと思います。まぁ、でも一応20年間航空専門学校の教員をしていましたし、「トコトンやさしい 航空工学の本」(日刊工業新聞社)の共同執筆者でもありますからね。知らない内容はありませんでした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ANAウイングスのCAさん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ターボプロップDHC-Q400・2階建て新幹線ときに乗って新潟県長岡へ

昨日から記録的大雨のニュースを報じています。まるで大雨を避けるように飛び回っています。

仙台・横浜から帰って、昨日新千歳から新潟に来ました。

Img_6439a

搭乗したのはDHC8-Q400、ターボプロップ機です。

今回は前方窓側席(5D)がとれました。

Img_6442a

ちょっと近いけれど、まいいか。

続きを読む "ターボプロップDHC-Q400・2階建て新幹線ときに乗って新潟県長岡へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京駅銀の鈴と航空宇宙産業の非破壊検査

 9月8日、東京駅銀の鈴である方と待ち合わせをしました。

Img_6410

 東京駅地下1階、八重洲中央改札口の近くにあります。分かりやすいところにあって、まわりはちょっとした広場になっています。

Img_6411a

 なんかさりげなく、ふわっとした感じです。

Img_6412

 イルカが戯れる装飾も良い感じ。

 待ち合わせの名所になっているようです。毎日たくさんの人が、ここで出会いまた再会をしているんだろうなぁ・・・・。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "東京駅銀の鈴と航空宇宙産業の非破壊検査"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『鳥人間コンテスト』番組の劣化 残念!!

 琵琶湖で行われる『鳥人間コンテスト』、かつては真剣に出場を検討したことがありました。熱心な学生がいて、設計コンセプトが事前審査にパスするところまでは行きました。航空専門学校の私が管理する実習室の奥には、定年退職するまで、その時に用意した『鳥人間コンテスト』用機体製作材料の一部が捨てずに残っていました。諸般の事情(主には私の力不足)で、出場には至りませんでした。学生たちが夢見た舞台に立たせてあげれなかったことは、今でも『残念』です。

 今年の『鳥人間コンテスト2015』は、9月2日放映でした。東北大学が良い成績を残したことは、事前の番宣で知っていました。仙台への出張初日でした。 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『鳥人間コンテスト』番組の劣化 残念!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台で非破壊検査講習

2日に仙台に来て昨日まで非破壊検査講習を行っていました。

Img_6370

飛行機の窓から松島が見えました。

仙台空港には東側からのアプローチでした。

Img_6373

あの日この海から巨大津波が襲ってきたんだよな。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "仙台で非破壊検査講習"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『トコトンやさしい 航空工学の本』増刷(4刷目)

 日刊工業新聞社から浅黄色の封書が届きました。このパターンは本の増刷の知らせです。

 今回は何かな、と開けてみると『航空工学』本でした。 

Img_6356

 初版発行が2010年3月、初めての増刷(2刷)が昨年(1914年)4月次(3刷)が今年の4月で今回が4刷り目です。増刷のスパンが1年から半年に縮まっています。じっくり長く売れるロングセラーの軌道に乗ってきているのかもしれません。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『トコトンやさしい 航空工学の本』増刷(4刷目)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢から覚めたらマリオがいた

 今日は暑かった。元の勤務先(日本航空専門学校)での超音波探傷講習(5日間)の最終日でした。

 帰り道、ウトナイ湖に立ち寄りました。

Img_6347

Img_6348

 車に戻ったら、急に眠くなって寝てしまいました。

 30分ぐらい寝たでしょうか。目が覚めたら、なんと・・・・目の前にマリオカートがいるではないですか。

Img_6352

Img_6353

 この辺りに出没するとのうわさは聞いていました。マリオがいるぜ。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "夢から覚めたらマリオがいた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »