« 秋の学術講演会とスープカレー | トップページ | JSNDI仕様デジタル超音波探傷器の基本操作仕様変更 »

非破壊検査資格新JIS実技試験が始まる

 非破壊検査資格(JIS Z  2305)の学科試験の結果が発表になっているようです。

 私は、今回再認証試験の科目がありませんでしたから、合否発表のハラハラ・ドキドキは有りません。この秋に向けては、千歳・仙台・東京・長岡で教えましたから、その受講生のはどうだったのか、気になるところです。

 この秋から新JISが適用になり、実技試験が変わります。これまで1科目につき2体の試験体を使い2種類の方法で実技試験をしていました。

 超音波探傷でいえば、垂直探傷と斜角探傷。浸透探傷では、溶剤除去性染色浸透探傷試験と水洗性蛍光浸透探傷試験湿式現像法。

 新JISでは、試験体が1つ増え、方法も異なってきます。UTレベル2でいえば、曲率のある試験体が増え、PTレベル2では後乳化が増えます。

 それに向けた講習会の準備も進んでいます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 私は、実技対策講習会を東京と仙台で担当します。

 まぁ・・本部がぬかりなく準備をするのは、当たり前と言えば当たり前。準備をする人はたいへんだったとは聞いていますが…ね。

 仙台では、知恵と工夫と情熱で、新JIS対応のPTレベル2の実技対策講習会ができるようになりました。ここでこんな風にやるかい!!というやり方で実施します。

 せっかく受かった学科試験を無駄にすることなく、ぜひ一発で合格するようにこれらの講習会をご活用ください。

 東京の講習会は、JSNDI本部まで、仙台での講習は日本非破壊検査協会東北支部(TEL 022-279-7862)までお問い合わせください。会場のキャパとの関係で満員になり次第締め切りになります。特に仙台は受け入れ可能人数は少ないです。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在4位です

|

« 秋の学術講演会とスープカレー | トップページ | JSNDI仕様デジタル超音波探傷器の基本操作仕様変更 »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/62507755

この記事へのトラックバック一覧です: 非破壊検査資格新JIS実技試験が始まる:

« 秋の学術講演会とスープカレー | トップページ | JSNDI仕様デジタル超音波探傷器の基本操作仕様変更 »