« 非破壊検査資格新JIS実技試験が始まる | トップページ | 特別講演『日本製鋼所と瑞泉鍛刀所-堀井家165年の作刀技法』 »

JSNDI仕様デジタル超音波探傷器の基本操作仕様変更

 9月7日付で日本非破壊検査協会(JSNDI)のHPに、「JSNDI仕様デジタル超音波探傷器の基本操作仕様について―――Rタイプの一部仕様変更に伴う公表――― 」と題する文章が掲載されました。

 その文章の中には、「基本操作仕様は,ソフト改修等により公表内容が変わることがあります」と予告され、「基本操作仕様の旧版を利用したために不利益を被った場合、当協会では責任を負いかねます」と宣言がされています。

 ここでいう『不利益』とは、実技試験に合格する技量を持ちながらデジタル探傷器の操作方法の改変を知らずに混乱して不合格になることをさしているのは明らかです。

 「当方はちゃんと公表したのだから、知らないで受ける受験生がそのせいで不合格になっても知りませんよ」と言うことでしょう。

 試験実施者がそこまで宣言するには、「十分な周知を行った」ということが必要です。

 私は十分ではないと判断しましたので、日本非破壊検査協会の会長あてに要望書を出しました。

 2015年9月7日JSNDIへの要望書

「201597jsndi.pdf」をダウンロード

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 この要望書に応えてくれたのでしょう、9月16日付で公表された文章が一部修正されました。

 修正された文章はこちらのページのトピックス欄に掲載されています(文章pdf)。

 でも、「(1)G タイプ・ R タイプの基本操作仕様最新版は、告知文章とは別にダウンロードページを作る。」という点については受け入れてもらえなかったようです。

 要望に応えて改善していく姿勢は見せていただけましたので、以下の様な意見を述べて検討していただくよう再要望をして、様子を見ていました。

 ////////////////////////////////

(1)文章5行目の「あわせて,両タイプの基本操作仕様(超音波探傷器調整手順)を一部修正しました。」の内容は示されていません。

(2)通常仕様書の変更があった場合、リビジョンナンバーと日付は必須であることはもちろんですが、その変更内容(少なくとも項目)は明示するもの考えます。

(3)恒常的なURLを持つダウンロードページは必要です。

 「トピックス」は新しい情報が日々発生するのに伴い「流れていく情報」です。常に新しいバージョンの「基本操作仕様(超音波探傷器調整手順)」のチェックを義務付ける以上、川面を流れる情報ではなく、ため池にある情報であるべきと考えます。

 受験者や企業の訓練責任者が「ブックマーク」することのできるページを作ることはそれほど困難なこととは思えません。しかし探す側が「トピックス」のどこかにあるかもしれない(ないかもしれない)状態で探しに行くことは困難です。これはきずが無いことを確認することが日常の仕事である非破壊検査の仕様や手順を決めていく際に心しておくべきことと私は考えています。

////////////////////////////////////

 1か月待ちましたが、9月16日の一部修正以降改善される動きはありません。2次の実技試験も始まるようですから、まだご存知ない方へのお知らせの意味も込めて、要望書とその後の動きについて公表することにしました。

 今回の修正は、Rタイプのゼロ点表示の桁についての変更のようですから、これを知らなかったとしても大きな混乱になるとは思えません。しかし、今後重要な部分の変更もありそうです。デジタル超音波探傷器はソフトウエアで操作する部分や階層化されたメニュー構成を熟知していなければ、時間内で課題をこなすことが困難になります。改変は周知に十分な方法と期間をおいて実施すべきと考えます。

 探傷器の操作が出来なければ探傷もできないのは当然ですが、通常の業務では、新しい装置でもソフトウエアのバージョンアップがされた場合でも、取説を読んで何度か操作練習をすれば使えるようになるものです。この部分は、不可欠とはいえ探傷技術の本筋ではないはずです。

 私は北海道の小都市に住む田舎者ですから、東京に試験を受けに行ったときに、情報過疎地にいる悲哀をたっぷり味わってきました。「指導してくれる人も情報もないところで受かってこそ真の実力だ」と強がりを自分に言い聞かせて気持ちの平衡を保っていました。無駄な時間とお金をずいぶん使ったと思います。

 デジタル超音波探傷器のシミュレーションソフトウエアを作った動機も、情報格差を少しでも解消して、途中であきらめる人を少なくすることにありました。

 どうなんでしょうね。こんなことを言っている私はすでに時代遅れなのかなぁ…。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在4位です

|

« 非破壊検査資格新JIS実技試験が始まる | トップページ | 特別講演『日本製鋼所と瑞泉鍛刀所-堀井家165年の作刀技法』 »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

超音波」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/62516608

この記事へのトラックバック一覧です: JSNDI仕様デジタル超音波探傷器の基本操作仕様変更:

« 非破壊検査資格新JIS実技試験が始まる | トップページ | 特別講演『日本製鋼所と瑞泉鍛刀所-堀井家165年の作刀技法』 »