« October Sky | トップページ | 樽前山の道すがら »

浜松ホトニクスの技術と幻のノーベル物理学賞

 東大宇宙線研究所の梶田隆章所長のノーベル物理学賞が報じられています。ニュートリノに質量があることを証明したことが授賞理由とされています。

 それはどういうことなのか、凡人にはよくわかりませんcoldsweats02。「科学ブログランキング」に登場する大栗博司氏がご自身のブログで、やさしい解説を紹介しています。ご自身が監修された本の中から、「『ニュートリノ』に質量があると何がスゴイのか」が出版社のサイトで無料公開されているとのことです。

 なるほど、ニュートリノが振動していることが質量をもつことの証拠なんだ。そしてその事実は素粒子の量子力学が大前提としていた「標準模型」が覆されることになるんだ。

 このことがスーパーカミオカンデでの観測結果から証明されたことは、すでに報じられています。スーパーカミオカンデで初めてニュートリノの観察に成功した小柴昌俊博士は、2002年にノーベル物理学賞を受賞しています。

 スーパーカミオカンデの素粒子観察技術を支えたのが、浜松ホトニクス超微弱な光を検出する光電子増倍管であることはすでに周知のこと。

 浜松ホトニクスの技術は、2人の日本人ノーベル物理学賞受賞者を生み出したことになります。

 そこで私が思い出すのは、幻のノーベル物理学賞です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 その方は、3年前の2012年に亡くなられた日立研究所の外村彰氏です。外村氏らのグループは、電子が波の性質をもつことを非の打ち所のない実験で証明しました。この証明は、2002年英国の物理雑誌「Physics World」で「世界で最も美しい実験は何か」の読者投票で1位に選ばれました。ニュートンやガリレオの実験をおさえての1位でした。

 ノーベル物理学賞の有力候補とされていましたが、ノーベル賞は故人には与えられませんので「幻」となってしまいました。

 この外村氏の実験で使われた電子検出装置は、スーパーカミオカンデの光電子倍増管を改良したものでした。

 目で見える海の波から始まって、音波や地震波など様々な波の性質や現象を追いながら・・・光が波であることを証明したトマス・ヤング・・・光が粒子としての性質をもつ光電効果・・・光速を測るフィゾーの実験・・・・を書いていった「おもしろサイエンス 波の科学」(日刊工業新聞社)の最終項で外村氏の実験を紹介しました。

 最終項を書き終えたとき、筆者でありながら「なんて面白いんだろう」と思いました。

Img_6970

Img_6971

 この本、私の著作の中では大学等の図書館にもっとも多く(106校)収蔵されています。ただ、Amazon等での売り上げは、このところふるいません。著者が面白いと思っても、読者に受け入れられるか否かは別問題のようですweep

 ま、人生おもしろければ、それでいいかhappy01

にほんブログ村 科学ブログへ
現在8位です

|

« October Sky | トップページ | 樽前山の道すがら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/62459436

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松ホトニクスの技術と幻のノーベル物理学賞:

« October Sky | トップページ | 樽前山の道すがら »