« 昨晩の「下町ロケット」とお好み焼き | トップページ | 超音波探傷訓練用シミュレーションの技法について語り合う »

『ホンダジェット誕生物語』を読みました

 杉本貴司著『大空に書けた男たち ホンダジェット誕生物語』(日本経済新聞社)を読みました。

Img_7449

 ホンダの和光市にある研究所の「西の端」から極秘に始まったホンダジェットの機体とエンジンの開発の歴史を丹念な取材を基にまとめた本です。

 読み終えて、胸が熱くなります。わたしも一応技術にかかわる技術屋の端くれですからね。

 著者は「あとがき」で本書を執筆した動機を「この物語を通じて多くの働く方々に、『自分もいっちょ、やってやろう』というような勇気や希望を届けられるのではないか。そんな風に思ったからだ。」と記しています。

 いや、それ分かりますね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 ホンダジェットについては、それなりに勉強をしていて知っていたつもりでしたが、本書には知らなかったことも多く書かれています。

 たとえば、2003年11月ホンダジェットの試作機が初飛行に成功した日、実は量産には入らないことが決定されていたこと。つまりいわばプロジェクトの終わりのセレモニーでもあったわけです。もちろんそこからの逆転劇があったからこそ今日がある。

 エンジン開発でも、二重反転プロペラのターボプロップエンジン(ATP)開発過程での度重なる破壊と失敗、そして起きた若手の「クーデター」。

 「研究開発」と「事業化」の間にある壁は何度も立ちはだかっていたこと。

 それをひとつひとつ乗り越えていく歴史があったんですね。それはひとつの技術史。そしてそこには生臭く熱い人間模様がある。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在4位です

|

« 昨晩の「下町ロケット」とお好み焼き | トップページ | 超音波探傷訓練用シミュレーションの技法について語り合う »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/62705795

この記事へのトラックバック一覧です: 『ホンダジェット誕生物語』を読みました:

« 昨晩の「下町ロケット」とお好み焼き | トップページ | 超音波探傷訓練用シミュレーションの技法について語り合う »