« 2015年のかたちのココロ その1 飛行機での非日常体験 | トップページ | 2016年 謹賀新年 »

2015年のかたちのココロ その2 一歩ずつ

 2015年中に書いた『かたちのココロ』は、この記事を含めると195になります。来年1月6日で10周年になりますが、その間に書いた記事が2114.。年間平均200記事ほどを書いてきたことになります。

 ときどき大真面目に書くこともありますが、大体は田舎のシニアエンジニアの世迷言。それでも、初めてお目にかかる人と名刺交換をすると「あっあのブログ読んでますよ」と言われることがあります。今年も何件かありました。読んでくれる方がいることが励みになります。

 昨年の最後のブログ記事を読むと、「ブログ記事を見る限り、今年の私は低調、スランプなのかなという印象」と書いてあります。今年は、少し活力が出てきているかな?

 まだ控えめにしていますが書籍も2月に1冊(『トコトンやさしい超音波の本』)発刊しました。フリーソフトウエアも2本(『同心円の干渉で超音波ビームを表現するソフトウエア』『ローリングシャッター現象をシミュレートするソフトウエア』)公開しました。他にも超音波探傷の高度化に役立つソフトウエアを作ったのですが、これはまだ公開できません。

 今年は、本業のコンサルの仕事以外に航空機業界の非破壊検査の将来にかかわる(かもしれない)仕事を水面下でしていました。まだ内容は明らかにできないのですが、ブログ記事としては名古屋に行ったこの記事を紹介しておきます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 毎月飛行機に乗って目まぐるしく各地を回っているのですが、今年は意識してスローな旅を入れてきました。スローな旅とは、歩くことそして船旅です。

 吉田拓郎の『落陽』の歌詞に触発されて苫小牧-仙台間のフェリーに乗ってみました(『苫小牧発仙台行きフェリー』)。これが良かったので日本海側新潟-苫小牧に乗りました。船旅のゆったり感、雄大な海の景色を楽しみました。

Img_7257a

 9月に念願だった羽黒山五重塔を見に行って、ついでに羽黒山に登ったのが快感でした。プチ登山に目覚めて、その後自宅近くの樽前山に2回登りました(12)。

Img_6576a

 このプチ登山、ダイエット効果も期待したのだけれど、その効果はほぼゼロ、この程度では足りんということでしょう。

 仕事も遊びも一歩ずつ、スロペースでも確実に歩みを進めていきたい。

 みなさま、今年も応援いただきありがとうございました。良い年をお迎えください。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在4位です

|

« 2015年のかたちのココロ その1 飛行機での非日常体験 | トップページ | 2016年 謹賀新年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/62972358

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年のかたちのココロ その2 一歩ずつ:

« 2015年のかたちのココロ その1 飛行機での非日常体験 | トップページ | 2016年 謹賀新年 »