« 窓のない窓側席? | トップページ | 国立科学博物館 »

特異的に濃かった11月

フリーランスとして仕事をしていると、なかなかことが進まない時期と、ダイナミックに展開して いく時があります。この11月は、30日のうち22日家にいませんでした。単に忙しかっただけでなく、いろいろなことがひどく濃かったです。自分の備忘録として書いておきます。

  • 某大学研究室同窓会への参加(仙台)。出会い、別れ、再会の妙。
  • 大阪での超音波探傷試験。2年間の探求を集約するような興味深い結果。
  • 航空機の非破壊検査に関する新しい動き
  • 100周年を迎えた出版社のパーティーと出会い
  • 航空機の非破壊検査現場で興味深い損傷
  • ある超音波探傷システム開発が完成間近であることの確認
  • 超音波探傷に関するプログラマーとの出会い
  • 新潟県長岡での超音波探傷教育と散策
  • 仮設による浸透探傷実技講習の実施(仙台)
  • 新しい分野でのコンサル契約の進展
  • 船旅の楽しさの発見(苫小牧-仙台、新潟-秋田-津軽海峡-苫小牧)

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

人生の経験値をポイントとして計測できるのなら、11月の獲得ポイントは相当に高いと思います。定年退職後は、それまでの経験値を元手にして優雅に生活をしたいと考えていましたが、11月は真逆でした。

フリーランスはお呼びがかかるうちは華。ま、頑張りましょう。

Img_7553

11月を象徴する絵として、フェリーによる津軽海峡縦断時の写真を掲載します。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在2位です

|

« 窓のない窓側席? | トップページ | 国立科学博物館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/62797632

この記事へのトラックバック一覧です: 特異的に濃かった11月:

« 窓のない窓側席? | トップページ | 国立科学博物館 »