« 苫小牧スケート祭りとしばれ焼き | トップページ | 宇宙の謎に迫る大きな扉が開かれた »

新たな挑戦とRaspberry Pi

 教員時代に学生に対して、「斧のような技術を持て」と言い続けてきました。身につける技術は尖ったところが無ければ、通用しない。しかしたとえ切れ味が良くても剃刀のように狭ければ時代の流れの中で陳腐化して置き去りにされておしまい。要は幅と深さを持つことに心がけようということでした。

 学生に言うということは同時に自分にも言い聞かせてきました。これって、「言うが易し行うは難し」なんですよね。ま、努力はしてきました、と言い訳をしておきます。

 いま幅を広げるために新しい挑戦をしています。目標は結構高いところに有るのですが、始まりは遊び、おもちゃのようなところからです。

Img_8264

 ラズベリーって木苺。野苺なら我が家の庭にもあるのだけれど、似たようなもんですね。お行儀よく品種改良されたいわゆるイチゴではなく、野生のいちごに近い。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 Raspberry Piは英国で「学校で基本的なコンピュータ科学の教育を促進することを意図」(Wiki)して作られたシングルボードコンピュータですが、最近はスペックがどんどん上がって来ていて、Windows10が搭載できるものの出てきたという情報。だとしたらWindowsアプリが動作するのか・・・と期待して購入してみました。

 しかし、そうは簡単に行かないことが分かりました。Windows10と言っても、Raspberry Pi用のもので、Win10より前のWindowsアプリは動作しないことが分かりました。

 なんだよ!!でもここでくじけてはいけない。新しいものの開発には障壁はつきもの、障壁を超えてこそ開発・開拓の意味がある・・・・と青臭いことを言ってみる。

 このあと少し突っ込んでいきました。そこで見えてきたことは、なるほどそれでWindows10は無償アップグレードをしつこく言ってくるんだ…。草をかき分け崖をよじ登り、見えてくる風景がありそうです。実に楽しい。

 山で木苺や山葡萄をがあれば採ってほうばって見るのも良いのかもしれません。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在4位です

|

« 苫小牧スケート祭りとしばれ焼き | トップページ | 宇宙の謎に迫る大きな扉が開かれた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/63190586

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな挑戦とRaspberry Pi:

« 苫小牧スケート祭りとしばれ焼き | トップページ | 宇宙の謎に迫る大きな扉が開かれた »