« 三菱自動車のデータ偽造の周辺 技術者のまなざしと勇気 | トップページ | 四分咲き 釧路八重桜と超音波治具試作 »

『航空宇宙産業における非破壊検査シンポジウム』 プログラム発表

 6月6日に東京亀戸の日本非破壊検査協会本部で開催される『航空宇宙産業における非破壊検査シンポジウム』 のプログラムが発表になりました。

Aerondt_2

 今回はポスターを作りました。

 原寸(A4)のファイルも置いておきますので、良かったらプリントして職場に(自宅のお部屋の中でも構いませんよ)貼ってください。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 6日7日に渡って開催される春季総合シンポジウムの1日目を『航空宇宙産業』に特化したシンポジウムにします。航空宇宙のシンポジウムのプログラムを掲載します。

2016aerondtsympo

 欧米を含む諸外国では、非破壊検査は航空宇宙がほとんど中心と言ってよい大きな柱になっています。米国の非破壊検査協会(ASNT)の歴代会長はボーイング社から出ていることが多く、英国の非破壊検査協会(BINDT)ではロールスロイスが多いと聞いています。

 日本では、太平洋戦争敗戦後の歴史的経緯があるのでしょう、日本非破壊検査協会は人員構成もテキストの内容も、もちろん認証制度でも航空宇宙産業にはほとんどノータッチという、世界的には珍しい運営をしていました。

 今回、この重い扉が開かれることを期待しています。

 重工メーカーから三菱重工・IHI・IHIエアロスペースの3社、海外(ASNT・BINDT)から3件を含む招待講演と基調講演があわせて8件と、特別講演が下記の2件あります。

  1. 日本航空宇宙工業会 高辻成次氏 『日本の航空宇宙産業の現状と将来動向』
  2. 経済産業省 北廣雅之氏 『我が国航空機産業の動向と今後の展開について』

 日本で航空宇宙に関連した非破壊検査関係者が一堂に会するのは、歴史上初めてのはずです。ぜひ皆様も参加をご検討ください。なを、招待講演と基調講演は参加費がかかりますが、特別講演は無料とのことです。

平成28 年度 非破壊検査総合シンポジウムプログラムをダウンロード

航空宇宙産業における非破壊検査シンポジウムポスターをダウンロード

にほんブログ村 科学ブログへ
現在2位です

|

« 三菱自動車のデータ偽造の周辺 技術者のまなざしと勇気 | トップページ | 四分咲き 釧路八重桜と超音波治具試作 »

航空宇宙」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/63616350

この記事へのトラックバック一覧です: 『航空宇宙産業における非破壊検査シンポジウム』 プログラム発表:

« 三菱自動車のデータ偽造の周辺 技術者のまなざしと勇気 | トップページ | 四分咲き 釧路八重桜と超音波治具試作 »