« 闇の宮殿 | トップページ | 百円ショップの自転車用空気入れ(英式バルブ) »

飛び道具?飛び遊具?

 のんびりしたGWを過ごしました。超音波探傷に関する纏めの文章を書いていました。自分でいうのもなんだけれど、なかなか面白いものになっています。

 GW明けは、当面6月7日まで怒涛の日々が続きます。ポンコツ化してきた体をいたわりながら、走り抜けます。

 先月18日、昭和16年の「ゴム動力ドローン」を紹介しました。

 今日はこんな、ちょっと宇宙ステーションぽい飛ぶおもちゃ。

Img_8661

 下の台のスイッチを入れると、たぶん赤外線通信で本体中のモーターのスイッチが入りプロペラが回り飛び上がります。 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 

Img_8669

 高度が下がってきて20cmぐらい下にものを感知すると、回転数を上げて高度を上げます。手のひらを下にして、お手玉のように遊べます。これも多分防犯センサと同じ仕組みで赤外線で障害物を感知しているものと思われます。赤外線の発信源と受信センサが90度の位相差でくるくる回っている(と思われる)のも面白い。

 プロペラの下の太陽光パネル風のものが、プロペラとは逆回転をして反トルクをキャンセルしています。スタビライザーもついていて自動的に水平飛行を保つようになっています。

 安価なものですが、飛行物体の姿勢の安定制御、赤外線による障害物認識・・・それなりの技術が詰まっています。

 全てが解明できているわけではありませんが、まずは想像してみる・・・想像力の駆使こそ大人の遊び・・・。

 宇宙ステーションでプロペラかよ!・・・という野暮な突込みはやめておいて、飛び遊具を楽しみましょう。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在6位です

|

« 闇の宮殿 | トップページ | 百円ショップの自転車用空気入れ(英式バルブ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/63593337

この記事へのトラックバック一覧です: 飛び道具?飛び遊具?:

« 闇の宮殿 | トップページ | 百円ショップの自転車用空気入れ(英式バルブ) »