« 航空宇宙産業の非破壊検査で頑張っている教え子たち | トップページ | 大阪伊丹空港 »

羽田空港周辺の空から飛行機が消えた日

 昨日は月曜日から始まった東京でのお仕事の最終日でした。13時ちょっと前に、羽田空港に勤務する教え子の一人から、「羽田空港で大韓航空機のエンジンから火が出て、たくさんの消防車が出て消火作業をしている。」との第一報が入りました。

 休憩室のテレビを見ると、羽田空港からの中継をやっていました。羽田空港の飛行機の離発着は全て行われていないとのこと。Flight Radar 24で確認してみました。

20160527hanedaa

 見事に羽田空港周辺から飛行機が消えています。こんな光景はめったに見られません。多分1982年2月9日JAL350便が機長の精神錯乱で着陸前に逆噴射して墜落した事故以来ではないですかね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 私は、19時の便で北海道へ帰る予定でした。このケースでは事故機を適当な場所に移動してしまえば、早晩再開されるだろうと見ていましが、運行状況を確認すると、次々と欠航が決まっていきました。サミットで警戒が厳しい中で、こんなに欠航があると羽田空港は大混乱だろうなぁ・・・・。 

Img_8962

 混雑はしていましたが、思ったより大したことありませんでした。混乱のピークは過ぎていたのでしょう。

Img_8961

 1時間15分ほど遅れましたが、無事搭乗できました。

Img_8963

 事故機と同型、Boeing 777のエンジン近くの席で帰道しました。

 事故原因は、関心のあるところです。滑走路に部品の塊が落ちていたとの報道もあります。とすれば、単にブレードが飛んだということではないのかもしれません。事故調査に注視していきたいと思います。

 23時ごろに帰宅して、ほっとしてそのまま寝てしまいました。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在5位です

|

« 航空宇宙産業の非破壊検査で頑張っている教え子たち | トップページ | 大阪伊丹空港 »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/63694136

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田空港周辺の空から飛行機が消えた日:

« 航空宇宙産業の非破壊検査で頑張っている教え子たち | トップページ | 大阪伊丹空港 »