« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

『破壊工学』本第7刷出来-この本を執筆したころ-

 日刊工業新聞社からメール便で本が届きました。

Img_9336

 『絵とき 破壊工学 基礎のきそ』の増刷(第7刷)です。2009年3月に初版を出して7年半です。この本の執筆が佳境に入っていたころ、肉体的精神的にギリギリでした(例えばこのブログ記事)。

 執筆が苦しいとき、目をつむってまだ見ぬ読者を想像します。闇の中で会話を試みるのです。この本の時には、きずがある部材の強度って何かをいきいきと描き出したい・・・それのみを想って模索していました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『破壊工学』本第7刷出来-この本を執筆したころ-"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポケモンGOをやってみました 昆虫採集かな?

 社会現象にもなっている『ポケモンGO』、iPadでもできることを知ってやってみました。

Img_9248

 都会で迷子になりそうになった時など、GoogleMapで自分の位置を確認して…なんてことはよくやるのですが、地図上を自分が設定したアバタ―が歩く姿は、どことなく愉快です。GPSで示す位置精度は、高いようです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ポケモンGOをやってみました 昆虫採集かな?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Windows 10へのバージョンアップ

 Windows10へのアップグレード無償期間が7月29日に終わるということで、私のWin7パソコンにはこのところこんな仰々しいカウントダウンページが表示されます。 

Win10

 無償・無償と無性に鬱陶しい。

 私のノートパソコンは、Win8でしたが先月末パソコンの電源を入れたまま居眠りをしてしまった間に勝手にWin10にアップグレードされてしまいました。

 『同意なしに勝手にやるんじゃぁないよ!!』と叫んでもすでに時遅し。

 OSが変わることで今まで動いていたソフトウエアが動かなくなることが心配でした。とくに私が作っている自作ソフトウエアが心配でした。

 いくつか確認してみましたが、特に問題なく動作しました。

 まぁ、いいか。

 ところが新たな疑惑が出てきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Windows 10へのバージョンアップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民文化公園?出光カルチャーパーク?

 本や論文を読んだり、ちょっとした原稿を書いたりする仕事の時、図書館の自習室に行くことがあります。

 苫小牧市市民文化公園の中に中央図書館があり、私のお気に入りの場所です。 

Img_9245

 程よく刈り込まれた芝生の木陰にねぞべっていると、うとうとと眠たくなってきます。

Img_9246

 木洩れ日も、やさしく通り抜ける風も心地良い。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "市民文化公園?出光カルチャーパーク?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政府専用機(B747)と専用格納庫

 先週7月13日に北海道へ帰ろうとしていた時、羽田空港で政府専用機を目撃しました。

Img_9234

 ジャンボジェット(Boeing 747)自体が最近空港で見かけることが少なくなっています。政府専用機は時々見かけますが、2機並んでいるのを見かけるのはめったにありません。

Img_9237

 滑走路に向かう機内から撮影しました。政府専用機が運用されるときは予備機としてもう1機同時に飛行することになっていますから、そのための待機だったと推測できます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "政府専用機(B747)と専用格納庫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

航空機エンジンのタービンディスク破壊事故(軍用機)

 ジェットエンジンのタービンディスクが破壊する事故は、レアケースである。たとえ犠牲者が出なかったとしても重大な事故である。ということで、半世紀前に起きたボーイング707型機に搭載されたPratt & Whitney社製JT3Dの事例を紹介しました(こちら)。今回は、軍用機です。

 1980年9月、F/A-18 Hornet戦闘機が英国Farnboroughで開催されたAir Showsに出品されて終了後移動中に墜落する事故が起きました。

F18honet2

(写真はWikipediaより引用)

事故原因は、低圧タービンディスクの破壊でした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "航空機エンジンのタービンディスク破壊事故(軍用機)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

航空機エンジンのタービンディスク破壊事故(民間航空機)

 民間航空機でジェットエンジンのタービンディスクが破壊した事故は過去あったのか、調べてみました。

 ありました。1965年6月28日サンフランシスコ空港を飛び立ったパンアメリカン航空のボーイング707型機に搭載されていたPratt & Whitney社製のJT3Dエンジン、その低圧コンプレッサのディスクが破壊する事故です。

 この時は、エンジンから飛び出したディスクが主翼の先端を吹き飛ばし、燃料に火がつく事態になりましたが、緊急着陸をして乗員乗客は全員無事だったとのことです。こちらに事故報告書があります。

 乗客がムービーを撮っていたようです。

Panam

 主翼がもげています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "航空機エンジンのタービンディスク破壊事故(民間航空機)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大韓航空2708便エンジン火災事故は航空史に残る重大事故か?

 去る5月27日に羽田空港を離陸しようとしていた大韓航空2708便(ボーイング777型機)の右エンジンから火災が発生した事故がありました。この事故に関して、6月21日小さい扱いで運輸安全委員会の発表が掲載されていました(毎日新聞)。

 「羽田空港での大韓航空機出火事故で運輸安全委員会は20日、出火した左エンジン後部のタービンディスクと呼ばれる円盤状の金属部品が破損していたと発表した。」

 とのことです。

 じつはこのことは、当日の現場写真から予想がついていました。 

Imagesas

 (朝日新聞DIGITALより

 ジェットエンジンの中で回転している部分は、エンジンの前面からファン・低圧コンプレッサ(圧縮機)・高圧コンプレッサ・高圧タービン・低圧タービンというように並んでいます。それぞれブレードと呼ばれる羽根がついています。羽根を支えている役割を果たしているのがディスクと呼ばれる円盤状の部品です。

Modulardesign

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "大韓航空2708便エンジン火災事故は航空史に残る重大事故か?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨空の東京と亀戸餃子

 猛暑を覚悟して上京しましたが、気温はそれほど高くありません。でも湿度は高く、不快指数は高めです。 

Img_9215

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "梅雨空の東京と亀戸餃子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流れ者の街の流れ者の家に流れついた純白の芍薬(White Peony)

 一週間涼しい北海道でのんびり過ごしました。今日これから上京してお仕事です。ニュースを見ると暑そうですね。

 明日は参議院選挙です。不在者投票所が増えて、私の自宅から歩いて行ける距離にあるイオンの中にもできていました。

Img_9205

 楽ちんです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "流れ者の街の流れ者の家に流れついた純白の芍薬(White Peony)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

科学未来館の気色悪さ

 6月30日にゆりかもめに乗ってお台場にある科学未来館に行ってきました。目的は『9次元からきた男』を観るためだったんですけどね。 

Img_9180

 『9次元からきた男』のチケット代(300円)の他に常設展のチケット(620円)を買わなければなりません。

Img_9182

 膨大な液晶パネルを張り付けた地球のオブジェ、どうもこれがメインらしい。でかいけどね・・・金もかかっているだろうけれどねぇ・・・。

Img_9185

 LE7が置いてあったけれど、ただ唐突に置いてあるだけ。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "科学未来館の気色悪さ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素粒子論と超弦理論

 『9次元からきた男』では、事象を構成する極限の要素は何か・・・としてまず原子の世界をのぞかせてくれます。水兵リーベほかの船(H He Li Be B C N  O F Ne)・・・」と中学か高校のころ暗記させられた、あの世界です。他の船に乗ってしまった恋人(リーベ)を寂しく見つめる水兵さんの姿をイメージして覚えました。

 もちろん、一応常識として現代では原子よりはるかに小さい素粒子が存在することは知っています。 

20081029121924

 素粒子の種類としては17あるそうです(画像はブログActive Galacticから引用)。

 『9次元からきた男』では、時間と空間が激しく揺らぐ素粒子の世界をイメージとして示してくれます。そして素粒子を研究するための実験装置である巨大な加速器での実験で何が行われているのかを、あたかも加速器の中に入っているかのような映像で見せてくれます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "素粒子論と超弦理論"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『9次元からきた男』を見てきました

 7日間の出張仕事の最終日(6月30日)に東京お台場にある科学未来館に行き、『9次元からきた男』(The Man from the 9 Dimensions)を見てきました。 

The_man_from_the_9_dimensions

 一言で感想を言うと、想像以上にとんでもなく面白かったですlovely。こういう映像が見たかったんだ…そう思いました。予約制だったので、前日にネット予約していきました。面白すぎたので、見終わってからすぐに次の上映を観るためにチケット販売所に行って当日券(300円)を購入しました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『9次元からきた男』を見てきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »