« 祝!!200万アクセス | トップページ | 仙台で非破壊検査教育 »

航空専門学校での超音波探傷講習

 8月26日~30日まで、千歳にある日本航空専門学校で超音波探傷の講習をしてきました。

Img_9629

 土日を含めて5日間、北海道にしては気温が高く湿度も高く、クーラーは無い(これ北海道では普通)部屋での講習でした。探傷器も人も熱源です。ムシムシする中、朝から夕方まで、組み込まれたカリキュラムに則り、講習は進んでいきました。

Img_9654a

 ほかではやっていないフェーズドアレイ超音波探傷の項目もあります。

 フェーズドアレイ超音波探傷の指導員は、20年前の卒業生で受講生の先輩にあたります。彼はいまや非破壊検査技術の有望な指導者の一人です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 受講生は2年生ですが、すでに非破壊検査を一生の仕事にする希望をもち、その意思を我々に伝えてきた学生もいます。

Img_9628

 超音波探傷の実習をしている部屋の裏側には、実際に使われていたジェットエンジンを教材化したものが並んでいます。その中にはカットモデルで回転するものもあります。

 ジェットエンジンの使用中に発生した疲労割れが見れるものもあります。ここにある教材は、教員だけで作ったものは一つもありません。学生たちとディスカッションしながら一緒に作り上げてきたものばかりです。

  単に本の上だけの勉強だけでなく、資格を取るためのテクニックの教授だけでなく、実物にふれ実感のわく教育を目指してきました。

 多くの方の協力を得ながら、20年間かけてジェットエンジンと非破壊検査の教育を作り上げてきました。他の追随を許さない規模と内容にしてきた自負が私にはあります。

 今回の講習中に、非破壊検査とは直接関係のない教員が何人か私に声をかけてくれました。皆一様に「学生が非破壊検査の資格をとれなくなると聞いたけど、本当にそうなってしまうのですか?」と尋ねてきました。

 彼らも、二十歳そこそこの遊びたい盛りの若者が、熱心に非破壊検査を学んでいることを知っています。

 「日本非破壊検査協会のお偉いさんも、分からず屋のお馬鹿さんばかりではありませんので、きっと若者に門戸を閉ざさない結論を出してくれるはずです」と答えておきました。そう願わずにはおられません。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在17位です

|

« 祝!!200万アクセス | トップページ | 仙台で非破壊検査教育 »

学問・資格」カテゴリの記事

超音波」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

先生!
僕が写ってます!

投稿: | 2016年12月15日 (木) 11時13分

記念写真だね。学科試験は受かったのかな?

投稿: SUBAL | 2016年12月16日 (金) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/64135215

この記事へのトラックバック一覧です: 航空専門学校での超音波探傷講習:

« 祝!!200万アクセス | トップページ | 仙台で非破壊検査教育 »