« 『つまようじブリッジコンテスト』のHome Pageが消える | トップページ | 微分の定義と『限りなく透明に近いブルー』 »

Honda 新型NSXと曲線の美

 9月21日羽田空港で人だかりができているので近くによってみる(ミーハーです)と、HONDA 新型NSXが展示してありました。 

Img_9795

  価格は2000万円だとか。貧乏人の私にはもちろん手が届かない価格ですが、生産台数が全世界で数百台とかで、たとえ億万長者でも買えないのだそうです。

 すでに中古市場で億を超える価格がついているとか。新車より中古車が高いsign02

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 車のデザインは、曲線の妙が勝負です。 

Img_9796

 正直この車の曲線に私はゾクゾクするものを感じません。あえて言えばフロントガラスのふくらみかなぁ…。

 曲線は微分をすると接線の積み重ねです。速度に対する加速度。私は、この車の曲線に加速度のわくわく感が感じられないのです。まぁ老人のたわごとですが。

Img_9781

 こちらは、19日雨の羽田空港。ボーイング767は、飛行機の中では平凡で取り立てて美しくはないけれど、それでも後ろから見る主翼の作る微妙なカーブは緊張感もあり優雅でありわくわくして美しいです。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在8位です

|

« 『つまようじブリッジコンテスト』のHome Pageが消える | トップページ | 微分の定義と『限りなく透明に近いブルー』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/64247389

この記事へのトラックバック一覧です: Honda 新型NSXと曲線の美:

« 『つまようじブリッジコンテスト』のHome Pageが消える | トップページ | 微分の定義と『限りなく透明に近いブルー』 »