« 非破壊検査総合管理技術者としての仕事 | トップページ | タービンとコンプレッサ »

3DCG再開 日本初のジェットエンジン『ネ20』をレンダリングしてみた

 パソコンを衝動買いしたのは、3Dのポリゴンデータを扱うためでした。もう一つの目的は、趣味の3DCGを再開することでした。『Shade』を購入しました。ユーザー登録をしようとしたら、以前のアカウントが残っていました。少々仕事が立て込んでいますので、新たに何かを作るのは後回しにして、今から13年前(2003年)に作った『日本初のジェットエンジン ネ20』のカットモデルをレンダリングしてみました。 

Ne20b_imaged

 ブレードは1枚1枚翼型に仕上げてありますし、ボルトナットや歯車の歯まで作ってあります。以前のパソコンではレンダリングに6時間以上かかっていました。それが1分以内にできてしまいます。

Ne20b_imagecc

 夕暮れの空に浮かべてみました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 

Ne20b_imagecaak

 山脈の上に浮かべて見ました。処理が速いと、いろいろないたずら心(想像力ともいう(笑))がわいてきます。

 実に楽しい。

Ne20b_imagek

にほんブログ村 科学ブログへ
現在9位です

|

« 非破壊検査総合管理技術者としての仕事 | トップページ | タービンとコンプレッサ »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/64307132

この記事へのトラックバック一覧です: 3DCG再開 日本初のジェットエンジン『ネ20』をレンダリングしてみた:

« 非破壊検査総合管理技術者としての仕事 | トップページ | タービンとコンプレッサ »