« 映画『君の名は』を観てきました-光の風景たそがれ- | トップページ | 我が家にプリウスがやってきた »

ブラウン管とネオジム磁石を使った美しい実験

 ブラウン管TVを処分した話を19日(日)に書いた後に、重希土類を使わないネオジム磁石が開発されたというニュースを知りました。ふと2年半前に行った実験を思い出しました。

Img_3401

 ブラウン管(CRT)モニターにEXCELで縦横の格子を描いて、ネオジム磁石を着けると、上のような模様が現れてきます。

Img_3402a

 ほとんど怪しい新興宗教のようでしょ。「15分頭を空にして見続けてください・・・」と言ってマインドコントロール(笑)。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 ブラウン管は、背後から電子銃で電子を飛ばして前面に塗られた蛍光物質を発光させています。R(赤)G(緑)B(青)の3つの電子銃から正確な位置に電子を飛ばして画像を作っているのですが、電子の軌道は磁界(磁場)の中ではローレンツ力が生じて曲がります。ネオジム磁石は磁極近くに強力な磁界ができますので電子の軌道が曲げられて曲がり方の微妙の差によって干渉模様が出てきます。 

Img_3404a

 某有名出版社の依頼で書いたテスラメータの原理を説明する原稿の中で使うために行った実験画像でしたが、編集者の対応があまりにも酷く無礼なため没になったものです。

 ふと思い出しました。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在4位です

|

« 映画『君の名は』を観てきました-光の風景たそがれ- | トップページ | 我が家にプリウスがやってきた »

科学技術」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/64377724

この記事へのトラックバック一覧です: ブラウン管とネオジム磁石を使った美しい実験:

« 映画『君の名は』を観てきました-光の風景たそがれ- | トップページ | 我が家にプリウスがやってきた »