« 3DCG再開 日本初のジェットエンジン『ネ20』をレンダリングしてみた | トップページ | パソコンで使えるデジタルオシロスコープを購入 »

タービンとコンプレッサ

 Shade v.16を手に入れて遊びたいのはやまやまなれど、まだ没頭する時間が取れない状況です( ^ω^ )。

 新しいバージョンに慣れるために、表面材質やカメラの配置を変えてレンダリングをしてみています。

Ne20b_imaget2

 タービンです。ノズルとタービンブレードの関係がわかりやすい。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 

Ne20b_imagect2

 燃焼器を配置してみました。

Ne20b_imagect

 コンプレッサ(圧縮機)を配置してみました。タービンの主な目的は、コンプレッサを回す動力を得ることです。

 ネ20は世界的に見ても米国も英国もジェットエンジンを作れていない時代、ドイツのBMW003等に続く初期のジェットエンジンです。軸流式ジェットエンジンの原理を説明するには、わかりやすいモデルです。

 何と言っても、タービンーコンプレッサは美しい!!

にほんブログ村 科学ブログへ
現在5位です

|

« 3DCG再開 日本初のジェットエンジン『ネ20』をレンダリングしてみた | トップページ | パソコンで使えるデジタルオシロスコープを購入 »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/64315317

この記事へのトラックバック一覧です: タービンとコンプレッサ:

« 3DCG再開 日本初のジェットエンジン『ネ20』をレンダリングしてみた | トップページ | パソコンで使えるデジタルオシロスコープを購入 »