« 2016年のかたちのココロ その1 『航空機とモグラ』 | トップページ | 謹賀新年 2017 変化の予感 »

2016年のかたちのココロ その2 『空飛ぶエンジニアの旅』

 今年も全国各地を飛び回りました。すべて仕事がらみの旅でしたが、隙を見て楽しみました。

 1月には東京スカイツリーに行ってきました。東京の夜景の彼方にシルエットが浮かび上がる富士山、迫力がありました。

 今年は宇都宮での仕事もありました。宇都宮餃子を食べて市街地にある宇都宮城跡を見学。なかなか面白い保存の仕方でした。

 5月には龍ヶ崎へ。水鏡になった水田が美しかった。

 5月には奈良薬師寺を訪問。境内に女学生の美しい歌声が響いていました。平山郁夫の『大唐西域壁画』はその迫力に圧倒されました。

 7月にはゆりかもめに乗って日本未来館へ行き、『9次元から来た男』を見てきました。素粒子物理学の最先端を覗き見してきました。

 8月には京都の南端京田辺市に行き、そのあと大阪へ。今年は大阪での仕事が多かったです。地下鉄の駅にもだいぶ慣れてきました。法善寺界隈に連れて行ってもらい、ホアグラのお寿司を食べました。流石に食道楽、えもいわれぬ美味しさでした。

 10月末から11月にかけて、米国シカゴに出張でした。前回は帰国してからしばらく牛肉が食べられなくなるほどの失敗でしたが、今回はリベンジ、美味しいステーキを堪能しました。

Img_0501

 9月と11月には、東海道品川宿あたりを散策しましたが、まだブログ記事にはしていません。

 11月には東京23区にある唯一の渓谷「等々力渓谷」に行ってきました。都内にこんなところがあるんだというぐらい、山奥感がありました。これもブログ記事にできていません。

 12月には多賀城でお仕事。多賀城跡を見学しました。行ってみてわかる大きさと空気感。大和朝廷に敗れた側(蝦夷)から見た歴史を知りたくなりました。また多賀城には斬新なアイデアの図書館がありました。

 今年の旅では、12月11日と23日の大雪による新千歳空港の機能停止による混乱を書いておくべきでしょうね。その前の12月6日仙台から帰る時も大幅に遅れて、帰宅は深夜へ、駐車場で雪かきをしている時に命の危機をうっすらと感じたのでした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 今年は、これまで契約しているクライアント様とは契約が継続されて、新たに2件の契約を結びました。また、業態としても技術コンサルだけではなく、開発業務(の一部)を請け負う仕事も入ってきました。新規のお客さんは皆口コミであるというところが嬉しいです。そろそろ一人でこなすには限界に来ているかもしれません。

 今年は、本の執筆はしませんでした。本を書くことは、有意義でもあり楽しみもあるのですが、体力をそぎ落としていくことに気が付いたのです。特にこのところ本業の非破壊検査コンサルタントとしての仕事が忙しくなってきています。50代のように夜10時から執筆を開始して朝3時まで・・・などということは体力的にできなくなってきています。

 また、今年はソフトウエアを一つも公開できませんでした。忙しかったんですね。公開しないソフトウエアはなかなかいけているのがひとつできているのですけどね。

 ブログでは、健康に関するメモ書きを記事として残すようにしました。今年は3月の静脈炎8月の腹痛、12月の新千歳空港での動悸、が体調の異変として記録されています。いずれも夜に起きています。仕事の後のスケジュールの組み方を見直すことにしました。要は無理をしない。まぁそれでも病院へ行くほどのことではありませんでした。その他はお陰様で、とりたてて風邪やインフルで発熱することもなく健康にすごせています。フリーランスエンジニアは健康が第一、無理をすることなく頑張っていこうと思っています。

 皆様、本年もお世話になりありがとうございました。良いお年をお迎えください。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在7位です

|

« 2016年のかたちのココロ その1 『航空機とモグラ』 | トップページ | 謹賀新年 2017 変化の予感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/64702432

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年のかたちのココロ その2 『空飛ぶエンジニアの旅』:

« 2016年のかたちのココロ その1 『航空機とモグラ』 | トップページ | 謹賀新年 2017 変化の予感 »