« 忘年会 | トップページ | 歴史になった昭和の駄菓子屋@東北歴史博物館 »

坂上田村麻呂の剣と蝦夷の鉄(東北歴史博物館)

 12月4日に多賀城跡を訪れて帰り道にあった「東北歴史博物館」に入ってみました。

Img_0547

 多賀城炎上などの展示もあり、興味深かったです。朝廷側は、蝦夷(エミシ)征伐に手こずったようです。逆に言えば蝦夷は相当に強かった。

 なるほどと思ったのは、坂上田村麻呂の剣の展示。 

Img_0546

 征夷大将軍ですから、朝廷から賜刀があったのでしょう。展示は複製品ですが、直刀ですね。いわゆる黒漆剣なのでしょうか?

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 当時の最先端技術で作り上げたものなのでしょう。

 私が注目したのは、その横にあった次の説明書きです。 

Img_0545

 蝦夷側の武器も朝廷側と大差なかったと記述されています。私が想像していた蝦夷に対するイメージを相当に修正しなければならないと思いました。

 岡山県に残る「桃太郎と鬼が島」伝説では、鉄技術を持った「鬼」に対する大和朝廷側と戦いと読めます。

 東北の鉄技術・鉄文化の歴史の中での刀剣の歴史、興味深いテーマです。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在9位です

|

« 忘年会 | トップページ | 歴史になった昭和の駄菓子屋@東北歴史博物館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/64639945

この記事へのトラックバック一覧です: 坂上田村麻呂の剣と蝦夷の鉄(東北歴史博物館):

« 忘年会 | トップページ | 歴史になった昭和の駄菓子屋@東北歴史博物館 »