« なんて美しい虫なのだろう! | トップページ | 多賀城跡 »

桃太郎の里から桃で北の砦多賀城へ

 仕事で飛び回っています。そのスケジュールはクライアントの都合のみで決まります。そんな旅にも、たまに企画ツアーのような趣があることがあります。今回の旅は、岡山から始まりました。

 岡山といえば、桃太郎の里。駅前には捕らわれた桃太郎がありました。

Img_0450

 あれ、桃太郎は鬼退治をしたヒーローだろう。捕縛された桃太郎は、鬼ヶ島優位の歴史観?

 ではありませんでしたね。

Img_0453

 夜になるとわかりました。ライトアップの仕掛けでした(笑)。桃太郎は大和朝廷側の朝敵を成敗したヒーロー。桃太郎のモデルとなった「大吉備津彦(おおきびつひこ)命」を祀る吉備津神社には滅ぼされた側の鬼(鉄器を持った一族の長である温羅(うら))をまつる社もあります(こちらの記事)。

 瀬戸内海側には、浦さん浦山さんとか「うら」という名字が多くあります。大和朝廷にくみしない一族の影響の名残だろうと私は想像しています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 大阪で仕事をして、昨日桃に乗って仙台に向かいました。

Img_0477

 桃のエンジンのピーチです。

Img_0486

 仕事をしていた大阪の街が眼下に広がります。上から見ると、あちらこちらに前方後円墳が見えます。大和王権の権力者のお墓がたくさんあったのだなぁ…と改めに認識しました。そして上から見ると、生駒山系は、奈良の都を西から攻め込んでくる敵に対する天然の城壁になっていることが容易に想像できます。

Img_0487

 京都と琵琶湖を見ながら、飛行機は東へ、そして北へ。

Img_0501

 山頂だけではなく、全体が雪山になってきます。

Img_0505

 翼の下に見えるのは、ちょっと前に話題になった長沼ボート場ですな。

 仙台空港から向かった先は、多賀城です。多賀城といえば、大和朝廷の北の砦。朝敵は蝦夷ということになります。

 今日は多賀城見学に行ってきます。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在12位です

|

« なんて美しい虫なのだろう! | トップページ | 多賀城跡 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/64580344

この記事へのトラックバック一覧です: 桃太郎の里から桃で北の砦多賀城へ:

« なんて美しい虫なのだろう! | トップページ | 多賀城跡 »